お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年11月11日

トファシチニブ バリシチニブ 違い

トファシチニブとバリシチニブの違いについて
色々と実しやかに言われているものの、
実際に直接比較した実験はありませんでした。

先日TofaとBariを統計の力を使って
関節リウマチの治療について
比較している研究が発表されました。
Ann Rheum Dis. 2021 Sep; 80(9): 1130–1136.

プロペンシティースコアマッチングは
臨床研究では流行しているやり方かと思いますが、
今回はこれを超えたIPTW法が用いられています。

24週までの継続率はどちらも90%程度で
若干バリシチニブが良かったようです。
平均のCDAIについてはBariが有意に低く、
CDAI寛解達成割合もBariが高かったようです。

TOFAは効かない人の特徴として
HAQ-DIが高い人、複数のバイオ製剤で無効となった人が
多変量解析でも単変量解析でも挙がってきました。
一方でBARIの場合は単変量解析で
HAQ-DIが高い人が挙がりましたが
多変量解析になると消えました。
つまりTOFAは患者を
より選ぶ必要があるということですね。

JAK阻害薬はほぼ変わらないと言われていても
実感としてはやっぱり少し違っていて、
それが検証されたのは凄いなーと思いました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:58 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち