お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年11月12日

歯磨剤 おすすめ

歯磨剤(歯磨き粉)は実は2017年3月17日に
日本では大きな変化がありました。
フッ化物イオン濃度の1000–1500 ppmが
承認されたということです。

フッ素濃度は500 ppm未満では
予防効果は明らかではないとされています。
1000 ppm以上の濃度では
500 ppm高くなる毎に
6%の齲歯予防効果があるとされています。

フッ化物は齲歯の発生及び
進行の予防という効果を担う成分で、
具体的にはフッ化ナトリウム、
モノフルオロリン酸Na、
フッ化第一スズといった物質です。

ということで成人用の市販の商品では
フッ素濃度が1450 ppmのものが
歯科医の友人が最もおすすめということでした。

具体的にはサンスターの
バトラー エフペーストα。



[医薬部外品] BUTLER(バトラー) エフペースト アルファ(α) 歯みがき [メディカルハーブタイプ] <高濃度フッ素配合 1450ppm 虫歯予防 ハグキケア 低研磨性> 90g

それからライオンのクリニカ アドバンテージ。



クリニカ アドバンテージ [医薬部外品] +ホワイトニング ハミガキ クリアミント 130g×2個+フロス

最後にライオンのCheck-Up rootcare!



ライオン チェックアップ ルートケア 1450F 90g

歯磨き粉については意外と知らない医者も
結構いるのではないかなーと思います。
お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:28 | Comment(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち