お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年11月24日

医者 専門外

医者なのに専門外について
全くやろうとしないという困った先生が
最近増えて来ているよなー。

あるご年配の先生がぼやいていました。

というのは発熱が1週間続くからと
ろくな検査もせずに
抗菌薬とかステロイドをテキトーに入れて
不明熱として専門病院へ紹介する開業医が
かなり増えているからだそうです。

専門が細分化されすぎて
専門と専門の間を埋めるような
総合力に乏しい医者が増えているのは
かなり問題ではありますよね。
いわゆるかかりつけが作れないということですから。

「しかもな、そんな専門バカの医者に限って
 総合内科専門医とかの資格を持っていたりするんだよ。
 資格コレクターは意味ないよね。。。」

研修病院は多科が揃っているので、
その道の専門家にご対応いただくことが
医療安全上重要ですが、
丸投げせずに一緒に診察し勉強していくことを
忘れずに医療に取り組みましょう。

そうすると症例を経験できることが増えるので
専門外は全くわからないなんてことが
かなり減ってくるのではないかと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:12 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち