お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年11月29日

アニフロルマブ

アニフロルマブ(商品名:サフネロー)が
いよいよ日本でもSLEに使えるようになってきましたね。
べリムマブに続く生物学的製剤です。

作用機序としては、、、

IFNAR1に結合
IFNAR1の細胞内移行が誘導される(細胞表面のIFNAR1発現の低下)
IFNARを介したIFNシグナルの阻害

といったもののようです。

TULIP-1試験(doi.org/10.1016/S2665-9913(19)30076-1)、
TULIP-2試験(N Engl J Med . 2020 Jan 16;382(3):211-221.)、
MUSE試験(Arthritis Rheumatol. 2017 Feb;69(2):376-386.)、
といった臨床試験に目を通しておくことを薦めます。

使い方としては300 mgを4週間ごとに点滴します。
体重によって増減しなくていいというのは
今までのバイオ製剤と比べると何だか不思議な気がします。

肥満患者さんでも大丈夫なのだろうか。。。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:58 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち