お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年12月05日

梅毒トレポネーマ

梅毒トレポネーマは
長さ6–22 μm、幅0.1–0.2 μmの
規則正しい螺旋形をしたグラム陰性菌です。

旋転数は8–14で4–10本の軸糸を持ち、
活発な運動性を示します。

梅毒の起炎菌なので疑った時に
検査すべきなのですが、
梅毒トレポネーマを培養することは
困難もしくは不可能であるとされています。

ということで直接証明するためには
硬性下疳、扁平コンジローム、口腔内の粘膜斑を
生食で清拭 or うがいさせた後に
生食を含ませた綿棒で深部から滲み出てくる
漿液を採取して検鏡するということが基本です。

 暗視野顕微鏡法
 パーカーインク法
 墨汁法

といったものがあります。

血液検査では何とも言えない時に
直接の証明として上記のような検査をやってきます。
参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:32 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち