お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2022年03月25日

ホルモン

ホルモンとは体内で合成される物質で
多くの体内の現象を調節するものです。

体の現象ごとに調節する因子があるとすると
非常に多いということが予測されますが
以下のようなものは最低知っておいてください。

ペプチドホルモン
 視床下部
  CRH
  GRH
  TRH
  LHRH
  SRIF(ソマトスタチン)
 下垂体
  前葉
   ACTH
   GH
   αサブユニットが共通
    TSH
    FSH
    LH
   プロラクチン
  後葉
   バソプレシン
   オキシトシン
 甲状腺
  カルシトニン
 副甲状腺
  PTH
 心臓
  ANP
  BNP
 血管
  エンドセリン1
  CNP
 肝臓
  アンギオテンシノーゲン
  ソマトメジン3
 膵臓
  β細胞
   インスリン
  α細胞
   グルカゴン
  D細胞
   ソマトスタチン
  PP
   pancreatic polypeptide
 消化管
  セクレチン
  ガストリン
  コレシストキニン
  GIP
  VIP
  グレリン
 腎臓
  レニン
  エリスロポエチン
 胎盤
  hCG
  IGF1
 脂肪細胞
  レプチン
アミン or アミノ酸誘導体
 甲状腺
  T4(サイロキシン)
  T3(トリヨードチロニン)
 副腎髄質
  アドレナリン
  ノルアドレナリン

ステロイドホルモン
 コレステロールから合成される
 副腎皮質
  コルチゾール
  アルドステロン
  アンドロゲン
   DHEA
   DHEAS
 精巣
  テストステロン
 卵巣
  エストロゲン
  プロゲステロン
 腎臓
  活性型ビタミンD
 胎盤
  エストロゲン
  プロゲステロン

その他
 PG
 CO
 NO

内分泌科の先生のセミナーで
最初の一言がぐさっと刺さりました。笑
詳しく知らないホルモンがあったりして。。。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:18 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち