お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年05月22日

自己判断

自己判断っていうのが一番困るのよ。

患者さんからの相談でした。

新型コロナウイルスのワクチンは
学会や患者会などどこを見ても
最終的には「個人で判断してください」という
一言が書いてあるから嫌になっちゃう。

やるべきならやるべきと
きちんと言って欲しいわ。
何かあったら責任取らないって
言われている様なもので
本当にイライラするのよ。

まあ確かに気持ちは分からなくはありません。

特に日本はこれまで結構安定した社会情勢でしたので、
未曾有の経験はそう多くないから、
”分かっている”とか"間違ったら補償"といったことが
当たり前になっているからです。

※阪神大震災とか東日本大震災とか
 地域によっては未曾有だったとは思います。。。

だから正しく情勢を把握して自分で決める
ということに中々慣れないですよね。

正直に長期的な影響はわかないから
そんな責任は取りようがないこと、
科学は観察から始まり未知のものには
最初は力不足であること、
それでもある程度の情報が出てきていて
重症化や感染率がめちゃくちゃ下がるので
メリットは大きいと思われること、
初めての状況の時は結局”気合い”だということ、
諸々お伝えしました。

患者さんが一番腑に落ちた言葉はこれだったみたいです。

病気や健康のことは結局はいつも自己責任だということ。
言い換えると例えばお金が払われたとしても、
代わりに死んでくれたり患ってくれることは
絶対にあり得ないということ。

自分のことを自己判断していくことは
(誰を信じるかを決めることも含めて)
生きていくことの基本だと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月19日

医者 患者 喧嘩

医者と患者で喧嘩してる方みたいです。。。

看護師さんが新患ということで
若い患者さんについて相談にいらっしゃいました。

これまでのカルテを見ると
どうやらアドヒアランスが非常に悪く
処方された薬を飲まずに処分している
という状況があったみたいです。

このためドクターが医療費を無駄にしないで!
と強く指導したとのことだったみたいです。

・・・マジか。揉めなければいいな。
てか、それでも病院には来るんだな。。。笑

ということでドキドキの外来が幕開けしました。

今の状態でほっとけばどうなると思います?
これまでどんな風に説明されていましたか?
なぜ薬を飲まないのですか?
そもそもあなたは何歳まで生きたいですか?
どんな風に生きていきたいですか?

そんな風にご本人さんの思いを伺い、
疾患の自然経過や薬の副作用の程度と確率、
治療のメリットなどを説明しました。

「それで先生はどうしたいんですか?」

と何だか喧嘩腰の質問がありました。

・・・前の先生は熱く説教したんだったな。。。

『んー、どうでもいいですかね。
 あなたが状況をきちんと理解して
 それでもやらないという決断で行くなら
 どうしようもないということが一つ。
 もう一つ冷たい言い方をするなら、
 隣で人が苦しんでても
 医師は美味しくご飯を食べられますからね。』

「何かひどくないですか?」

『僕は前の先生のように
 鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス
 ではないんですよ。
 鳴かぬなら鳴く気になるまで知らないよ
 ですよ。僕は忙しい。
 やる気がない人にやる気を出させようと
 頑張るようなことはありません。』

「・・・飲みますよ、薬。」

横で見ていた看護師さんは
患者さんが出た後に大爆笑していました。

”まさに北風と太陽ですね。笑”

『前の先生と同じ方法でやったら
 同じ結果にしかならないでしょ。
 これもチーム医療ですよね。』

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:医者 患者 喧嘩
posted by いしたん at 22:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月09日

医者に向いている人

医者に向いている人みたいですよ、先生は。笑

一緒に働いている補助員の方に言われました。

というのも先日その補助員さんの
お父様が予約外でいしたんの外来へ
いらっしゃいました。

予約外受診ですから主訴、現病歴などを問診し
身体所見をとって、鑑別を挙げ、
検査について説明してオーダーしました。

少し時間をいただいて結果と診断を説明して
大丈夫だと説明して診察は終了しました。

若干認知症がある男性だったからか、
帰りにその事務員さんにこう仰ったみたいです。

「彼は説明が丁寧だったなあ。
 彼は医者に向いてると思うから、
 医者になったらいいのに。」

・・・お、俺は一体何だったんだ?
彼は誰に診察を受けたつもりなんだ?

威厳がない下っ端だからか?

でも、ま、彼の適性診断で
きっと合格したのだろうから
とりあえず良かった。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 20:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち