お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年09月22日

学級閉鎖

学級閉鎖のため勤務時間の調整をお願いします。

やっと第五波が終わりかけていますが、
スタッフのお子さんが通っている保育園で
新型コロナウイルス感染症の児童が散発し
学級閉鎖になってしまったようです。

期間は未定だそうです。。。

幸にして今は子育て世代も多いレジデントさんや
研修医さんにが少なくないので
お互いにフォローする体制ができていたので
何とか乗り越えていけそうです。

まずお子さんが陰性であること、
仮に陽性であった場合は
家庭内感染でドクターが罹患しないことを
兎にも角にも祈ります。

油断なりませんね。
皆さんもご注意ください!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:37 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

患者 涙

患者さんに涙を流す機会を作ってあげるのは
とてもいいことかと思います。

患者さんからの信頼の厚いあるドクターは
意図してかせずかその医療面接の中で
患者さんが泣く機会がとても多いようです。

どうしてなのか伺ってみると
その一言か!!という心に刺さる
言葉をかけてあげているようでした。

「ここまでよく辿り着かれました。
 とても辛かったですね。
 もう大丈夫です。安心してください。
 診断はつきました。
 必ず良くなります。
 ここでしっかりと治療をしましょう。」

診断がつかず様々な病院を渡り歩き、
その間にどんどんどんどん悪くなる
不安が募る患者さんにが
どれだけ聞きたかった言葉か。

いしたんは結構淡々とエビデンスなど
説明していたかもしれないなあと反省しました。
心遣いを忘れずに行きたいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:患者 泣く
posted by いしたん at 22:14 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月07日

医者 リタイア

医者のリタイアについて研修医くん達が
激論を交わしていました。笑

きっかけは沢山の病院を渡り歩いて
全く診断がつかないと言われ続け、
ようやく当院に紹介となった方だったようです。
80歳代の方でうちにやってきた時には
既に手指壊疽や足趾壊疽が多発していました。

おそらく四肢切断術は不可避な状況でした。

で、これまで一生懸命生きてきて
医師が不甲斐ないばかりにこんなことになって
とっても可哀想だということになったようでした。

「自分は75歳くらいまで現役で頑張ったら
 医者を辞めて自由なボーナス期間に突入する予定です。
 なのにこんな風になってしまったらと思うと
 自分だったら生きる自信がなくなります。」

『え!75までやるのってめちゃ遅くない?
 自由に生きるのはもっと早くからやらないと
 体が衰えてから得られても仕方ないじゃん。
 早期リタイヤが一番いいよ。』

まだ医者としてのキャリアが始まったばかりなのに
早すぎる人生プランに笑ってしまいました。

さ、患者さんがそんな悲しい状況にならないように
改善できるように全力を出して治療に当たりましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:20 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち