お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年02月26日

DLco

DLcoとはdiffusing capacity for carbon monoxide
もしくはcarbon monoxide diffusing capacityのことで、
ガス拡散能力を表します。

なぜ拡散能の評価に
一酸化炭素が利用されるかというと、
COはO2の210倍Hbとの親和性が高く
拡散係数がCOとO2が1.23とほぼ同等だからです。

スパイログラムで判断できない
早期病変が検出可能です。

DLcoがどう変化するのか知っておきましょう。

 DLco低下
  定義
   予測値の80%以下
   同一症例では3 mL/min/mmHg以上か10%以上の変化を有意な変動
  肺胞血管膜が厚くなる
   肺線維症:VAも低下するためDLco/VA低下は比較的軽度
   肺水腫
  ガス拡散面積の低下
   肺気腫
    ※残気量増大でVAが増加しDLco/VA低下著明
  肺毛細血管床の減少
   肺血栓塞栓症
  貧血
   Hbが1 g/dL低下するとDLcoは5-7%低下
   ただしDLcoのヘモグロビン補正では正常値になる
   補正式
    男性
     DLco(補正値)= DLco(測定値)×(10.22+Hb)/ (1.7×Hb)
    女性
     DLco(補正値)= DLco(測定値)×(9.38+Hb)/ (1.7×Hb)
  換気血流比不均等
   COPD

  原発性肺高血圧
  嚢胞線維症
  細気管支炎
  リンパ脈管筋腫症
  肺炎

  VAで補正するとDLcoが正常
   肺切除
   広範な無気肺
   肺外に起因する拘束性換気障害
    肥満
    胸水
    神経疾患
    筋力低下
    脊柱後側湾症
    など

 DLco上昇
  喘息
  赤血球増多・多血症
  重症肥満
  肺胞出血
  左右シャント
  中等度の左心不全
   肺静脈圧と肺動脈圧の上昇
   →肺微小血管の誘導が増加するため
  検査前の運動
  仰臥位

参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:上昇 低下 DLco
posted by いしたん at 20:54 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

禁煙

禁煙も学問になったんやで!

IMG_8212.jpg

と仲の良い後輩が見せてくれました。笑

禁煙指導は5つのRが重要なのだそうです。

 関連性(Relevance)
 喫煙のリスク(Risks)
 禁煙のメリット(Rewards)
 禁煙への障害(Roadblocks)
 反復(Repetition)

気合と根性でタバコを辞めるという
時代ではないそうです。

確かにCOPDの患者さんや
難治性喘息の方に
やめろやめろと申し上げますが、
なかなか聞き入れてもらえません。

自分も反省して読んでみようと思います。



禁煙学

最近第4版が出たそうです。
一読あれ〜!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:28 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

Geckler分類

Geckler分類はどうだった?

「それってどういう意味ですか?」

肺炎患者さんをみて喀痰グラム染色をした
研修医くんが言いました。

マジか・・・(・ω・;)
今まで肺炎の人をどうみてきたんや・・・。

そんなことがありました。笑
研修医とは当たり前を知らない時代のこと。
一つ一つ確認していくことが必要です。

痰の検査をするときは
その評価をする必要があります。

肉眼的品質評価としては
Miller & Jones分類ですね。

 M1は唾液や完全な粘性痰
 M2は粘性痰の中に膿性痰が少し
 P1は膿性痰で膿が1/3以下
 P2は膿性痰で膿が1/3-2/3
 P3は膿性痰で2/3-

P2やP3の痰が理想的です。

その痰をグラム染色したら
検体評価をしましょう。
それがGeckler分類です。

弱拡(接眼×10・対物×4)で評価します。

グレード1:好中球-10、扁平上皮25-
グレード2:好中球10-25、扁平上皮25-
グレード3:好中球25-、扁平上皮25-
グレード4:好中球25-、扁平上皮10-25
グレード5:好中球25-、扁平上皮-10
グレード6:好中球-25、扁平上皮-25

グレード4-5が好ましい場所とされています。

というわけでカルテには
喀痰の品質評価・検体評価も併せて
記載しておくといいと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 08:20 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち