お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年10月28日

PF-ILD

PF-ILD(進行性線維化を伴う間質性肺疾患)は
近年注目される疾患概念です。

間質性肺炎の中の一病型で
特発性肺線維症IPFに類似した
進行性の線維化という予後不良の経過をとる病気です。

原因は何であってもよく、
画像パターンや血液検査などではなく、
表現型により分類されるものです。

具体的にはBMJ Open Respir Res. 2017 Sep 17;4(1):e000212.より

 ILDの診断かつ2年間で以下のいずれかに該当
  FVC% pred(予測値に対する割合)が10%以上低下
  FVC% pred(予測値に対する割合)が5%以上10%未満低下で呼吸器症状の悪化あり
  FVC% pred(予測値に対する割合)が5%以上10%未満低下で画像検査にて線維化の悪化あり
  画像検査で線維化の増悪に相関した呼吸器症状悪化
  ※感染症や心不全などは除外すべし
 HRCTで網状影と気管支拡張あり
  蜂巣肺の有無は問わない
  病変が10%を超える

と定義されています。
これはあくまで臨床試験のinclusion criteriaなので
別の診断基準があってもいいかとは思いますが、
ひとまずこれを頭に入れておきましょう。

この一群の状態にはニンテダニブが有効であり、
咳、急性増悪、FVC低下などが防げる可能性があり、
早めに患者さんを見つけてあげるのがとても重要です。

最近は病態が詳細にわかるようになって、
PF-ILDのように細かい病態からの
治療選択ができるようになってきました。
悪性腫瘍が遺伝子変異により
再分類されているのとそっくりです。

時代の進歩を感じます。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:PF-ILD 定義 診断
posted by いしたん at 22:05 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

薬剤性肺障害の診断・治療の手引き 2018

薬剤性肺障害の診断・治療の手引き 2018
を購入しました!

IMG_2555.jpg

先日免疫抑制薬を開始直後に
両側の浸潤影が出現し呼吸状態が
悪化した症例を経験しました。

通常ならアレルギーなどの治療薬になる
薬剤でもそんなことがあるのか!と
とても驚いたので
これを機に勉強してみようと思います。



薬剤性肺障害の診断・治療の手引き 2018

こんな風に患者さんとの出会いが
医者を育ててくれます。
研修医くんも出会いを大切に
成長していってください♪

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 03:32 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

サルコイドーシス

サルコイドーシスは時空間的に
非乾酪性肉芽腫が多発する疾患です。
70%は2年以内に自然経過で完全寛解するのですが、
残りは治療が必要です。

サルコイドーシスの疫学です。

発症
 若年(20-30代)と中年(40-50代)に好発
 ※15歳未満と70歳以上は稀
 1未満-11人/10万人/年
  日本
   1.01人/10万人(Eur Respir J. 2008 Feb;31(2):372-9.)
  米国
   ミネソタ州
    10人/10万人/年(Mayo Clin Proc 2016 Feb;91(2):183)
   11人/10万人女性/年(Ann Am Thorac Soc 2016 Jan;13(1):67)
  スウェーデン
   11.5人/10万人/年(Eur Respir J 2016 Dec;48(6):1690)
  スイス
   7人/10万人/年(Eur Respir J 2010 May;35(5):1088)
  イギリス
   5人/10万人/年(Thorax 2006 Nov;61(11):980)
  ポーランド
   3.8-4.5人/10万人/年(Ann Agric Environ Med 2014;21(1):55)
  フランス
   2.28/10万人/年(Int J Dermatol 2015 Feb;54(2):188)
  ベルギー
   0.26/10万人/年(Acta Clin Belg 2001 May-Jun;56(3):163)
 世界
  黒人は白人の3倍発症率が高い

有病率
 男女比 = 1 : 1.7
 日本
  推定7.5-9.3人/10万人
 4.7-64人/10万人

部位
 両側肺門リンパ節、肺、 眼、皮膚の罹患頻度が高い

参考にどうぞ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:40 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち