お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年02月25日

love in action

love in actionという献血の呼びかけは
思った以上に凄いんですね。

車で病院から帰宅するときのラジオで
小林麻耶さんがMCをしている
番組が流れてきました。

何だか前向きな内容で、
人のためになりたいという
熱いメッセージが読まれていました。

若い方に協力をしていただかなければ
輸血は成り立たないので、
若い方がみてくれるような
キャンペーンをしてくださっています。

ライブがされていたりとか
有名人とコラボされてたりしているそうです。
ラブライブというアニメとも
コラボをしているみたいです。笑



これか?

LINEもあり、Facebookもあり、
本当に凄いなと思いました。
そしてありがたいなーと思いました。

また、それに答えてくれている若い方も
沢山いらっしゃるんですよね。
だからこそ僕らは輸血をオーダーできます。

本当にありがたいです。
ラブインアクション!
自分もラインで友達になってみました♫

このブログを読んでくださっている方も
よければ献血を!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:21 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

溶血性貧血

溶血性貧血は貧血の原因を鑑別していく上で
重要な症候群の一つです。

まずは溶血性貧血を診断できるようにならなければ
その先の疾患に近づけません。

ということでまずは診断基準を確認です。

厚労省特発性造血障害に関する調査研究班の基準(自己免疫性溶血性貧血 診療の参照ガイドH28より)
 臨床所見
  貧血、黄疸がある
  脾腫はしばしば
  ヘモグロビン尿や胆石を伴うことがある
 検査所見
  Hb低下
  Reti上昇
  間接Bil上昇
  尿中・便中ウロビリン体増加
  血清ハプログロビン値低下
  骨髄赤芽球増加
 他疾患の除外(貧血と黄疸を伴うもの)
  巨赤芽球性貧血
  MDS
  赤白血病
  congenital dyserythropoietic anemia
  肝胆道系疾患
  体質性黄疸など
 >>>
 上記を満たせば溶血性貧血と判断される

上記で診断したらその後それぞれの病型を確定します。
例えば遺伝性球状赤血球症、赤血球破砕症候群、
自己免疫性溶血性貧血などを検討していくのです。

まずは溶血性貧血を自信を持って
見つけられるようになりたいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:23 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

ホジキンリンパ腫

ホジキンリンパ腫とは1834年に
Hodgkinによって初めて記載された
悪性リンパ腫の代表的な形態です。

ABVD療法、放射線治療で
外科的な治療をしなくても
治癒可能となった最初の疾患です。

古典的ホジキンリンパ腫の治療法は以下の通りです。

限局期(I〜II期)
 ABVD療法2-4コース後放射線療法(30 Gy):標準治療

進行期(III-IV期)
 ABVD療法6-8コース:標準治療

再発・難治例
 救援化学療法
  感受性があれば自家造血幹細胞移植併用大量化学療法を考慮

現在までにブレンツキシマブベドチンの
有効性が報告されていたり、
(J Clin Oncol. 2012 Jun 20;30(18):2183-9. )
抗PD-1抗体(オプジーボ)の有用性も
報告されてきています。

今後の治療は上記の抗体製剤も
ガイドライン等で推奨されるように
なるのかもしれません。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:12 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち