お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年04月11日

骨髄移植

骨髄移植とはドナーの骨髄を
レシピエントに移して
その骨髄を再生することです。

重要な臓器移植の一つですが、
実は骨髄移植は第二次世界大戦の時
アメリカのルーズベルト大統領が
原爆の開発計画と並んで
被爆対策の一環として研究が進んだという
歴史があるそうです。

戦争なんて無い方が良いに決まってますが、
戦争は本当に医療医術を進歩させますよね。。。

そしてその移植は拒絶、GVHDがあり
なかなか成功しなかったのだそうです。

HLAの発見とカルシニューリン阻害薬などの
免疫抑制薬の開発などがあり
BMTは医療技術として確立したと言われています。

まずはこういった流れを知ることで
その後のHLA半合致移植などの
凄さがわかってくると思いますよー♫

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:10 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

血管内リンパ腫

血管内血管内リンパ腫はとても診断することが
難しい悪性腫瘍の一つです。

疑うことが最も重要ですから、
その症状をしっかりと知っておきたいものです。

浸潤臓器としては
 脳
 腎臓
 脊髄
 副腎
 肺
 甲状腺
 泌尿生殖器
 末梢神経
 心臓
 肝臓
 皮膚
 脾臓
 リンパ節
 骨髄
と報告されています。
(Dementia. 1995 Sep-Oct;6(5):286-93.)

いかに多彩な症状を来たしうるかが
分かるのではないでしょうか。

最も多い非特異的な症状としては
発熱 、倦怠感 、体重減少です。

他には多臓器不全が急激に進行します。

ですから、、、
よくわからないショック
中枢神経症状
呼吸困難、咳といった呼吸器症状
皮疹
浮腫
肝脾腫
などといった症候がある場合は
IVLを疑いたいものです。

検査ではDIC、血球貪食症候群HPS、
低Alb血症、BUN・Cre上昇(腎機能障害)、
LDH上昇(AST・ALT・CPKに比して著増)、
フェリチン上昇、CRP上昇、sIL-2R上昇
などが疑わうポイントです。

上記があればIVLを鑑別に挙げてみましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 20:02 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

love in action

love in actionという献血の呼びかけは
思った以上に凄いんですね。

車で病院から帰宅するときのラジオで
小林麻耶さんがMCをしている
番組が流れてきました。

何だか前向きな内容で、
人のためになりたいという
熱いメッセージが読まれていました。

若い方に協力をしていただかなければ
輸血は成り立たないので、
若い方がみてくれるような
キャンペーンをしてくださっています。

ライブがされていたりとか
有名人とコラボされてたりしているそうです。
ラブライブというアニメとも
コラボをしているみたいです。笑



これか?

LINEもあり、Facebookもあり、
本当に凄いなと思いました。
そしてありがたいなーと思いました。

また、それに答えてくれている若い方も
沢山いらっしゃるんですよね。
だからこそ僕らは輸血をオーダーできます。

本当にありがたいです。
ラブインアクション!
自分もラインで友達になってみました♫

このブログを読んでくださっている方も
よければ献血を!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:21 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち