お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年01月15日

レッドマン症候群

レッドマン症候群もしくは
Red neck synd.(RMS)は
バンコマイシンの有名な副作用です。

上半身の発赤
 掻痒あり
頻脈
血圧低下
胸痛
筋スパスム
CPAがしばしば
 心血管抑制のため(Can Anaesth Soc J. 1985 Jan;32(1):65-6.)

といった症状があります。

実際に遭遇すると
薬剤アレルギーとの鑑別は
意外と難しいものですので
症状をしっかりと知っておきましょう。

2回目までの投与でRMSの33%が発症するとされ
 J Infect Dis. 1991 Dec;164(6):1180-5.
リスクにオピオイド内服などが知られています。

病態は血中ヒスタミン上昇で
 Anesthesiology. 2000 Apr;92(4):1074-81.
アレルギーではないとされています。

原因はVCM投与速度が速すぎる
(33 mg/分即ち1 g/30分以上)
こととされますので、
バンコマイシン投与は
1時間以上かけてというのが定石です。
(10 mg/分以下)

重症RMSでは抗ヒスタミン薬を用います。
(J Infect Dis. 1991 Dec;164(6):1180-5.)

予後としては生命にかかわることは少ないとされ
薬剤アレルギーではないため一旦中断し
症状の拡大がないことを注意しながら
投与速度を下げて再開可能とされています。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:30 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

抗サイトメガロウイルス薬

抗サイトメガロウイルス薬について
まとめてみましょう。

まずは一覧です。

CMV高力価免疫グロブリン
抗サイトメガロウイルス薬
 ヌクレオシド類似体:三リン酸化されて機能する
  ガンシクロビル
  バルガンシクロビル
 ヌクレオタイド類似体:三リン酸化されて機能する
  シドフォビル
 ピロリン酸類似体
  ホスカルネット

シドフォビルは承認されていないので
実際はCMVをガンシクロビル、
バルガンシクロビル、
ホスカルネットで治療していきます。

研修医くんが呟きました。

サイトメガロウイルスが
ヘルペスウイルス属なのに
抗ヘルペスウイルス薬のアシクロビルが
あまりきかない理由は何なのですか?

ACVはウィルスのチミジンキナーゼ・TKが
有効性を発揮するためには必要です。
しかしCMVにはそのTKがないからです。

ウイルスごとに適切な薬剤があるのです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 11:52 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

海外 感染症 情報

海外での感染症の情報は
日本で医療をするにしても
しっかりと握っておく必要があります。

何故なら日本には多数の
外国人がいるからです!

2018年の入国者数は3119万人で、
外国人留学生は29万人で、
外国人労働者は146万人なんだそうです。

すごい数ですね。
ですからインバウンド感染症は
バカにできない数あるはずです。

と言う訳で流行状況など
情報を入手するサイトをまとめました。

厚生労働省検疫所
https://www.forth.go.jp/index.html
海外 感染症 厚生労働省
 以前紹介したものとはまた別です。

外務省・海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

東京医科大学病院 渡航者医療センター
http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/tokou/
このHPからリンクされている海外旅行と病気.org
http://www.tra-dis.org/index.html

WHO Disease Outbreak News
https://www.who.int/csr/don/en/

米国CDC Traveler’s Health
https://wwwnc.cdc.gov/travel/

英国Fit For Travel
https://www.fitfortravel.nhs.uk/home

です(・ω・)b

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:07 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち