お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年01月14日

新型コロナ ワクチン 医療者

新型コロナウイルス感染症に係る
ワクチン優先接種について
医療者の希望調査が当院でも行われました。

うちはファイザーさんのワクチンが
供給されるみたいです。
BNT162b2ということですね。

新型コロナウイルス ワクチンで書いた通り、
副作用などの怖さはどうしても拭えません!
というドクターやナースが多かったです。

知識がないことと、
日本人でのエビデンスがないことで、
不安になりますよねえ。

国際共同第3相試験であれば
N Engl J Med . 2020 Dec 31;383(27):2603-2615.
が参考になるかと思います。

英語がなあ、、、という人には

厚生労働省ホームページとか
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

日本感染症学会のレビューとか
https://www.kansensho.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=43

が読みやすくて参考になると思います。

自分が納得しないまま投与されるのは
ちょっと嫌ですよね。。。
医療者ですから自分でしっかり理解して、
自分で打つか打たないか決めてください。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:04 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

消毒用エタノール スペクトル

消毒用エタノールのスペクトルは
医者なら知っておきたいものです。

手指消毒の基本的な消毒薬ですし、
武漢ウイルスのために一般の方でも
使用頻度が高まっているので
結構詳しい方もいますからね。

消毒についての知識で
一般の方に負けていてはいけませんからね。笑

■スペクトラム
細菌
 グラム陽性菌
  一般細菌:有効
  MRSA:有効
  芽胞菌:無効
 グラム陰性菌
  一般細菌:有効
  緑膿菌:有効
 結核菌:有効
真菌:効果が弱い場合がある
ウイルス
 一般ウイルス:有効
 HBV:効果が弱い場合がある
 HIV:有効

中域に分類されます。

つまり芽胞を形成するClostridioides difficileや
バシラス属などを疑う患者さんの場合は
アルコールではなく手洗いが必要です。

あとはノロウイルスも無効です。

ちなみに消毒対象となるのは、、、

手指皮膚:使用可
粘膜:使用不可
環境:注意して使用
器具
 金属:使用可
 非金属:使用可

です!



サラヤハンドラボ 手指消毒 アルコールスプレー VH 300mL [指定医薬部外品]日本製

スペクトラムも適応部位も
ちゃんと理解した上で
消毒用アルコールを使っていきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 16:08 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

駆虫薬

駆虫薬なんですか、メトロニダゾールは!?
嫌気性菌に使うので抗菌薬かと思ってました。

研修医くんがびっくりしていました。

「スペクトラムをみてみると
 原虫にも細菌にも効く薬があるんだよ。
 MNZ以外にもST合剤とかもそうやで。」

そうなんすね。

駆虫薬の種類を以下に記載します。
もちろん人間用です。

抗原虫薬
 メトロニダゾール
 チニダゾール
 デヒドロエメチン
 ジロキサニド
 オルニダゾール
 塩酸キナクリン
 スラミン
 ペンタミジン
 メラルソプロール
 エフルオルニチン
 ニフルティモックス
 ベンズニダゾール
 5価アンチモン剤(スチボグルコン酸Na)
 ピリメタミン
 アセチルスピラマイシン
 スルファモノメトキシン
 ST合剤
 クロロキン
 スルファドキシン・ピリメタミン合剤
 キニーネ
 メフロキン
 ハロファントリン
 アルテミシニン
 プリマキン
 プログアニル

抗寄生虫薬
 アルベンダゾール
 メベンダゾール
 チアベンダゾール
 パモ酸ピランテル
 ジエチルカルバマジン
 イベルメクチン
 プラジカンテル
 ビチオノール
 パロモマイシン

ただし、いしたんが昔勉強したノートなので
最新版ではないことにご注意ください。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:42 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち