お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年08月04日

mRNAワクチン 仕組み

mRNAワクチンが有効であるということは
多くの報告がなされていますが、
実際どのような仕組みで機能するのかは
意外と知らない先生も多いです。
いしたんもそのうちの一人。笑

ということでその辺りのことを人で
見てみたという論文が出ました。
doi: 10.1038/s41586-021-03738-2.

BNT162b2を受けた41人の
健康な成人の観察研究です。
(うち8人はSARS-CoV-2感染歴あり)

具体的には投与前、初回投与後
3、4、5、7、15週目に血液が採取され、
COVID-19の既往のない14人の
腋窩リンパ節を初回投与後
3、4、5、7、15週目に針生検が行われました。

簡単に書いてますが、これ凄い研究ですよね。笑

血液中ではSタンパク質と結合する抗体を分泌する
形質芽細胞が初回投与後3週間で検出されました。
またELISAで抗S抗原IgG抗体を測定したところ、
初回投与後5週目に全ての参加者でピークになりました。
抗S抗原IgA抗体及び抗RBD IgG抗体も同様の動きでした。

BNT162b2ワクチンは三角筋に注射されて
腋窩リンパ節に排泄されるそうです。
その腋窩リンパ節の解析では
Germinal center B細胞が検出されました。

COVID-19で抗体が長持ちしないのは
胚中心が形成されないからという報告もありました。
そう考えるとmRNAワクチンは改めてすごいものですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 11:00 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月02日

sars-cov-2 ワクチン 変更

sars-cov-2のワクチンを
途中で変更するとどうなるのか。

ワクチン供給状況が世界中で見通せない中
とても重要な課題の一つだと思います。

新型コロナウイルスワクチン接種後 変更では
副反応の程度についての速報がありました。

今回はスペインのマドリード自治大学から
ランダム化第2相試験の中間報告が発表されました。
Lancet . 2021 Jul 10;398(10295):121-130.

液性免疫(抗体)についてはスイッチしても
十分な抗体価の上昇が観察されました。
細胞性免疫(IFN-γ産生)も観察されました。
副反応は上記で紹介した以前の報告と
変わりはなかった様です。

不活化ウイルスなどの新たなワクチンの開発も進んでいます。
何をどの順番で使えば最も有効なのか
続報が楽しみですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:37 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月01日

sars-cov-2 変異株

sars-cov-2の変異株って色々な名前があって
正直よくわかりません。
デルタ株って何かが欠損しているからΔなのですか?
定義はどんな感じなんですか?

研修医くんが相談に来ました。

確かにSARS-CoV-2の変異株は
新型コロナウイルス 変異株で記載した通り
頻回に変異を生じる上に、
様々な表現がありますから混乱しますね。

変異株は主に3つの方法で命名されます。
PANGO系統という新型コロナウィルスの
国際的な系統分類命名法です。
例えばB.1.1.7といった感じです。

次にWHOラベルという
WHOが2021年5月に定めた呼称です。
これがデルタ株の由来になります。

最後に通称名でこれは最初に検出された
国名が使われています。
南アフリカ株などが例です。

ということでざっとメジャーな変異体を
並べてみると以下の様な感じかと思います。

B.1.1.7(アルファ株):英国変異株
B.1.177
B.1.351(ベータ株):南アフリカ変異株
B.1.427(イプシロン株):カリフォルニア株
B.1.429(イプシロン株):カリフォルニア株
B.1.526(イオタ株)
B.1.617.1(カッパ株)
B.1.617.2(デルタ変異株、デルタ株):インド株
P.1(ガンマ株):ブラジル変異株
P.2(ゼータ株)
P.3(シータ株)
R.1

ということでデルタは欠損の意味ではなく
αから順番に名前がついていったものなのではないかと
いしたんは理解しています。

違ったらご指摘いただければ幸いです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:13 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち