お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年01月22日

コレラ

コレラはコレラ菌(Vibrio cholerae)が
原因となる感染症です。

今日は知的障害のある患者さんが、
コロナとコレラを間違って
雄弁に語っておられたので。笑

いいきっかけなので症状などまとめました。

■症状
潜伏期:1-3日

下痢
 米のとぎ汁様便(白色下痢)
 10 L/dayにも及ぶ
 ※便臭はない

嘔吐

※腹痛や発熱はなし

■疫学
アジア
 東南アジア
  フィリピン
 インド
アフリカ
南米

日本
 罹患
  2011年:12人

発症リスク
 胃切除
 胃酸分泌が悪い人

流行地
 環境衛生や食品衛生の悪いところ

■病態
生体内毒素型腸炎
 ※ただし腸の組織には殆ど異常なし
  菌が侵入しないため菌血症は起こさない

大量の下痢
 脱水・hypovolemic shock
 電解質喪失
  腸管麻痺
  腹満
  痙攣
 アシドーシス

参考になれば。笑


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:10 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

COVID-19 アデノウイルスワクチン

COVID-19のアデノウイルスワクチンは
アストラゼネカ ワクチンだけではありません。

ジョンソンエンドジョンソン傘下のヤンセンからも
Ad26.COV2.Sが作成されています。

この第1-2a相試験が報告されました。
N Engl J Med . 2021 Jan 13. doi: 10.1056/NEJMoa2034201.
多施設、ランダム化、二重盲検、プラセボとの比較が行われました。

安全性については倦怠感、頭痛、
筋肉痛、穿刺部疼痛、発熱の頻度が高かったようです。
ただし有害事象で中止となった人はいませんでした。

有効性として中和抗体は57日までに100%検出されています。

安全性と有効性が確認されたことから
おそらく次の臨床研究へ進むものと思われます。

沢山の会社が様々なワクチンを開発中です。
費用対効果や効果の持続期間など
いろいろと比較ポイントはあるとは思いますが、
どれでもいいので今の新型コロナウイルスの状況を
改善してくれるものが出てきてくれることを祈るばかりです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 10:18 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

新型コロナウイルス ワクチン アストラゼネカ

新型コロナウイルス感染症のワクチンは
ファイザー、モデルナ、アストラゼネカの3社と
厚労省が契約しています。

英オックスフォード大との共同開発されている
アストラゼネカ製ワクチンは
チンパンジーアデノウイルスを使用した
ウイルスベクターワクチンです。

英国、南アフリカ、ブラジルで進行中の
4つのコホートの中間報告が出ました。
Lancet . 2021 Jan 9;397(10269):99-111.

有効率はコホート全体で70%でした。
ファイザーのmRNAワクチンの有効率と比べると
若干有効率が劣る印象ではありますが、
しかしFDAの承認要件の有効率 50%以上は満たしています。

重篤な有害事象である横断性脊髄炎は
計3例にみられています。
もちろん偶然の可能性もありますが、
何となく気になるところです。

このワクチンは1億2000万回分(6000万人分)が
供給される契約のようですから、
他人事ではありません。

知識として仕入れておきましょう!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:41 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち