お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年07月11日

熱傷

熱傷は軽症を含めると
よくある外傷ですので
研修医くんも対応を覚えておきたいですね。

病態としては熱が組織の損傷を生じることと、
炎症物質が放出されることがあります。
後者ではSIRSになったり
毛細血管透過性亢進による
循環血液量減少になったりします。

重要なのは重症度をつけることです。
深度を評価し、熱傷範囲を測定し、
全体をみて重症度指数をつけます。

●深度
 I度
  米国の分類ではepidermal burn
  Goetze分類ではI度
  外観・症状
   紅潮のみ
   疼痛あり

 II度
  II度浅度熱傷
   米国の分類ではsuperficial dermal burn(SDB)
   Goetze分類ではII度
   外観・症状
    水疱(水疱底が赤い)、発赤、びらん
    易出血性
    強い疼痛あり
   基底膜の一部や毛包は残存

  II度深度熱傷
   米国の分類ではdeep dermal burn(DDB)
   Goetze分類ではIII度
   外観・症状
    水疱(水疱底が白い)、発赤、びらん
    易出血性
    強い疼痛あり
   基底膜や毛包がない

 III度:疼痛消失、炭化した皮膚、羊皮様、毛が疼痛なく抜ける
  米国の分類ではdeep burn
  Goetze分類ではIV度
  外観・症状
   蒼白
   羊皮紙様
   知覚脱出(疼痛なし)

●熱傷範囲
・9の法則→救急の初期対応で使いやすい、成人

・Lund-Browderの式→最も正確

・Blockerの法則(5の法則)→小児に使う

・手掌法
 指を含む患者の手掌を1%とする

●重症度指数
Burn index
 II度熱傷面積(%)×1/2 + III度の熱傷面積(%)
 >>>
 10以上を重症とする

Prognostic burn index
 Burn index + 年齢
 >>>
 120-→致死的で救命は極めて稀
 100-120→救命率20%程度
 80-100→救命率50%程度
 -80→重篤な合併症や基礎疾患がなければ救命可能

Artzの基準
 1→重症熱傷
  III度熱傷 ≧ 10%
  顔面、手足のIII度熱傷
  >>>
  熱傷専門施設で入院が必要

まずは火傷を評価できるように
上記から頭に入れておいてください。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:10 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

脳震盪

脳震盪とは頭部外傷による
一過性の神経機能障害を来す疾患です。

まず研修医くんに知って欲しいのは、
『後遺症なく回復するため軽症』ではない!!
ということです。

重要なのはsecond impact syndromeを予防すること。
1回目受傷後0-30日以内に
再度受傷すると起こる病態で、
脳腫脹による死亡もありえます。

ですからきちんと対応できるように勉強しましょう。

●スポーツ中の脳震盪の管理に関するコロラド医学会ガイドライン
grade 1
 一時的な意識混濁
 意識消失なし
 脳震盪後の症状や検査上の精神異常初見は15分以内に全て消失する
grade 2
 一時的な意識混濁
 意識消失なし
 脳震盪後の症状や検査上の精神異常初見は15分以上に全て消失する
grade 3
 意識消失

>>>

Grade 1は競技復帰可能
Grade 2は競技復帰不可能、少なくとも2週間の無症状期間後に競技再開を許可する
Grade 3は救急搬送

というわけで軽症ではないということを
患者さんの説明もきちんとしましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:とは 脳震盪
posted by いしたん at 05:22 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

出血量 推定

出血量の推定は急性出血性貧血において
どのくらい輸液、輸血しなければならないか
決定する上で非常に重要です。

もちろん問診は重要です。
どんぶり一杯分とか
バケツ半分とか
いろいろな描写をしてくださいますが、
必ずしもそれが正しいわけではありません。

ということで出血量の推定として
以下のような指標があるようです。

 症候から
  無症状
   0-500 mL(減少血液量は0-10%)

  軽度頻脈、軽度血圧低下、軽度四肢冷感
   500-1200 mL(減少血液量は10-25%)

  頻脈(100-120 bpm)、血圧低下(90-100 mmHg)、蒼白、不穏、乏尿
   1200-1800 mL(減少血液量は25-35%)

  頻脈(120- bpm)、血圧低下(-60 mmHg)、極度の蒼白、意識混濁、虚脱状態、無尿
   1800-2500 mL(減少血液量は35-50%)

 骨折部位から
  肋骨:125 mL/本
  上腕骨:350 mL/本
  重度骨盤骨折:2 L
  大腿骨:1 L/本
  下腿骨;500 mL/本

大量出血を伴う外傷をみたら
まずはABCの確保です。
そのB、Cにおいて出血量の推定は
重要だということをもう一度確認してください!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 15:25 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち