お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年01月31日

不明熱

不明熱という言葉の使い方について気をつけましょう。

不明熱(Fever of unknown origin、FUO)とは
以下のように定義されています。

 38.3度以上の発熱が3週間以上にわたり何回かみられる
 3日間の入院精査 or 3回の外来診療で原因不明とされる
 (Arch Intern Med. 2003 May 12;163(9):1033-41.)

ですから救急外来でよくわからない発熱の
患者さんがいらしたとき
「先生、不明熱です」
と懸命に訴えてくる研修医くんがいます。

結局、先日の症例は急性扁桃炎でした。汗

単に自分の未熟さで診断できないことを
不明熱とは言ってはいけません。。。
診断がつけられませんと素直に表現しましょう。

もし仮に本当に不明熱であれば
膠原病とか悪性腫瘍とか鑑別や原因が
大きく変わってきます。
医学用語は適切に使用したいものです。

咽頭所見をつける自信がなければ
咽頭 写真で勉強しましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:01 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

スポーツ傷害

スポーツ傷害やスポーツ外傷は
それぞれの競技種目によって
起こりやすい疾患は異なります。
負荷のかかりやすい場所が違いますからね。

というわけでそれぞれのスポーツごとに
起こりやすい疾患を知っておきましょう。

例えば最近ハヤリのジョギングで多いものは、

 膝半月板損傷
 アキレス腱周囲滑液胞炎
 足底腱膜炎

です。

ということでそれくらいは専門外であっても
見ることになる可能性があります。
知っておきたいところです。

いしたんが好きなスポーツについても
調べてみましたので参考になれば。

野球で多いものは以下です。

野球肘
野球肩
腋窩神経障害
リトルリーガーズショルダー
投球骨折

バレーボールで多いものは以下です。

膝靭帯損傷
 前十字靭帯損傷
 後十字靭帯損傷
膝半月板損傷
膝伸展機構障害
 ジャンパー膝
 オスグッド・シュラッター病
足関節捻挫
 外側靭帯損傷
肩関節障害
アキレス腱断裂
突き指
 母指MP関節尺側側副靭帯損傷
 槌指

バスケットボールで多いものは以下です。

膝靭帯損傷
 前十字靭帯損傷
 後十字靭帯損傷
 内側側副靱帯損傷
 外側側副靱帯損傷
膝伸展機構障害
 ジャンパー膝
 オスグッド・シュラッター病
膝半月板損傷
足関節捻挫
 外側靭帯損傷
突き指
 マレット指
 PIP関節側副靭帯損傷

スキーで多いものは以下です。

顔面切挫傷
骨折
 大腿骨骨折
 下腿骨折
 足関節果部骨折
膝靭帯損傷
 前十字靭帯損傷
 後十字靭帯損傷
 内側側副靱帯損傷
 外側側副靱帯損傷
肩甲帯周囲外傷
 肩関節脱臼
 鎖骨骨折
足関節捻挫
 外側靭帯損傷

ちなみに、、、

重量挙げで多いものは以下だそうです。

腰部障害
 椎間板ヘルニア
 腰椎分離症
肘関節部障害
 変形性肘関節症
 肘部管症候群
上腕二頭筋断裂

上腕二頭筋断裂って半端ないです。。。w(・△・)w

スポーツ傷害には気をつけて楽しみたいですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 13:45 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

骨折 合併症

骨折の合併症は押さえておきましょう。
骨だけをみて全身を見忘れて
救命できなかったという事態は
何としても避けなければならないからです。

急性期
 全身性合併症
  出血性ショック
  脂肪塞栓症候群
  播種性血管内凝固症候群
  静脈血栓症、肺塞栓症
 局所の合併症
  隣接臓器の損傷
  皮膚、筋、腱、神経、血管の損傷
  区画症候群
  ガス壊疽、破傷風
  感染

晩期
 全身性合併症
  外傷後神経症
 局所の合併症
  偽関節、遷延癒合、変形癒合
  阻血性壊死
  関節拘縮、ファルクマン拘縮
  外傷性骨化性筋炎
  慢性骨髄炎
  Sudeck骨萎縮
  外傷後関節症
  (小児)骨の発育障害

もちろん骨折の発症後しばらく経っての
晩期の合併症もありますが、
急性期と比べると局所の問題の方が
メインになってきます。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:18 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち