お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年08月31日

Primary survey

Primary surveyお願いねー。

「プライマリーサーベイ・・・?」
研修医ちゃんが困惑していました。

おいおいマジかよ!!(-△-;)
もう当直などで救急対応や救急車対応を
もう5ヶ月くらいやってるはずなのに・・・!!

abcdeの確認をやってくれってことだよ。

「・・・???教科書を教えてください。」

そんなことが先日の救急でありました。
基本すぎて何にでも書いてあると思いますが、、、

IMG_6525.JPG

救急室に落ちていた本で説明しておきました。笑

常識を知らないのが研修医です。
もう嫌や!なんて言わずに
もう一度基本から確認しましょう。
救急の基本中の基本ですから。

Aはair way
Bはbreathing
Cはcirculation
Dはdysfunction of CNS
Eはexposure
です。

具体的に何を評価するかは
救急車対応 テンプレート
参考にしてください。

何か一冊くらいは救急の本を
持っておきましょう。
上記のテキストでもいいと思います。



内科救急診療指針 2016

そして、ちゃんと読んでおいてください。
研修医は何でも手取り足取り
教えてもらえるものではないです。
それは授業料を払っている医学生まで!
研修医は自分で勉強していくことが何より重要です。
Primary surveyは救急の基本中の
基本中の基本中の基本です。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:47 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

急性アルコール中毒 症状

急性アルコール中毒は
以下のような症状を呈します。

呂律困難
構音障害
従命不可
異常行動
中枢神経活動の低下
協調運動障害
嘔気嘔吐
眼振
重症となれば呼吸抑制、昏睡、痙攣、ショック、昏迷→死亡

血中アルコール濃度別にすると、、、

 10-50 mg/dL(ほろ酔い):陽気、顔面紅潮
 50-100 mg/dL 多弁、直立時の動揺、脈拍増加、血圧上昇
 100-200 mg/dL(酩酊) 感情不安定、判断力低下、運動失調(千鳥足)、記憶障害
 200-300 mg/dL(泥酔) 運動失調(歩行困難)、言語不明瞭、悪心・嘔吐
 300-400 mg/dL(昏睡) 意識障害、失禁、反射消失、呼吸抑制
 400 mg/dL以上 昏睡、呼吸麻痺

です。

血中アルコール濃度の推定をするための
計算方法は知っておきたいですね。

(実測血清浸透圧 − 血清浸透圧の理論値)× 4.6でmg/dLになる
※理論値は2×[Na]+BUN/2.8+Glu/18


急性アルコール中毒 治療も参考にどうぞ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:38 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

聴診器

聴診器くらい持ってこいよ!
聴診器くらい買えよ!

ある指導医がぼやいていました。。。汗

どうやらローテートしている
研修医くんが聴診器を持たずに
毎日仕事に来るそうです。

内科志望の先生のようですが、
聴診器は必要なのか?
という感じで何度言っても
全く伝わらないそうです。

救急では最初のA・B・Cの確認で
必ず聴診器を使うと思うのですが、
初期研修医くんはその辺にかけてある
安物の聴診器を使うそうです。

それでもきちんと聞いていれば
全く問題ないのですが、、、

聴診器が悪いからか
聴診の技術が非常に拙いそうです。

明らかにcoarse cracklesが聞こえる症例でも
wheezeが聞こえる症例でも、
『呼吸音は全く問題がないです』
という報告をしてくるようでした。
つまり肺炎や心不全患者さんを
見逃しているとのことでした。

身体所見を取れないで
検査をオーダーしまくるのは
医師として如何なものでしょう。

きちんと聴くためには
きちんと聞こえる
良い聴診器を使うことをおすすめします。

循環器の先輩は

ケンツメディコ社製 マルチスコープ(ラパポート聴診器) No.141

がよく聞こえるとオススメでした。

自分はリットマンを使っています。



リットマン 聴診器 カーディオロジーIV 6152(ブラック)

カーディオロジーが好きです。

ま、とにかくちゃんとした
聴診器は絶対必要だと自分も思います。

研修医くんは口うるさく言われるまでが花です。
それでも変化がなければ
もう何も言われなくなっちゃいます。。。
そうなる前に変わっていければ良いですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:17 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち