お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2016年11月09日

高額療養費制度

高額療養費制度は抗癌剤や生物学的製剤など
高額な医療道具を使うときに
患者さんに提案してあげましょう。

月に10万円の負担というのは馬鹿になりません。
年収が120万円も減ることになりますからね。

70歳未満は標準報酬月額に応じて
以下のような自己負担上限額となります。

 標準報酬月収 → 自己負担上限額
 83-万円   → 252600円 + (総医療費-842000円)×1%が自己負担上限額
 53-79万円  → 167400円 + (総医療費-558000円)×1%が自己負担上限額
 28-50万円  → 80100円 + (総医療費-267000円)×1%が自己負担上限額
 -26万円   → 57600円
 住民税非課税 → 35400円

標準報酬月額は保険者へ本人から問い合わせが必要ですが、
当院ではソーシャルワーカーがサポートしてくれます。

医者が全てを分かっている必要はないですが、
どこにいけばアドバイスを受けられるのかは
患者さんに教えてあげましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

先発薬

先発薬を使うなら理由を!
自民党からそういう意見が出ているようです。

確かに同じ効果で安く済むなら
私もジェネリックを使いたいと思います。

社会保障費の増大は国家の大きな問題です。
高齢社会となる前から分かっていたことではありますが、
これほど大きな問題になってしまったのは
様々な原因があるのでしょう。

その中で注目したいのは
海外製品・薬品の使用が必要になったことなども
大きな要因の一つではないかということです。

抗体医薬品やダビンチを始めとした製品は
海外のものが多い気がします。
日本からもこれから画期的な医療用品が
どんどんでてくることを期待します!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち