お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2022年08月12日

食物依存性運動誘発性アナフィラキシー

食物依存性運動誘発性アナフィラキシーは
(food dependent exercise-induced anaphylaxis、FDEIA)
特定の食物摂取後の運動負荷によって
アナフィラキシーが誘発される疾患です。

1979年に初めて報告されました。
J Allergy Clin Immunol . 1979 Jun;63(6):433-4.

食物としては小麦と甲殻類が多いと言われています。
特に小麦製品ではω5-グリアジンと
Clin Exp Allergy . 2003 Jan;33(1):90-5.
HMWグルテニンの抗原が有名ですね。

食べ物以外という事になると
茶のしずくという石鹸も懐かしいものです。
J Allergy Clin Immunol . 2011 Feb;127(2):531-533.e1-3.

症状の増強因子の確認も必要です。

運動:運動開始後30分未満の発症が75%
 ランニング
 球技
全身状態
 疲労
 寝不足
 感冒
自律神経
 ストレス
女性ホルモン
 月経前状態
気象条件
 高温
 寒冷
 湿度
薬剤
 NSAIDs
  アスピリン
   機序
    プロスタグランジン合成阻害によりロイコトリエン産生を促進
    消化管からの抗原吸収を促進
     J Immunol . 2005 Dec 15;175(12):8116-22.
  J Allergy Clin Immunol . 1991 Jan;87(1 Pt 1):34-40.
  Br J Dermatol . 2002 Mar;146(3):466-72.
食品添加物のサリチル酸化合物
その他
 アルコール飲料
 入浴
  Br J Dermatol . 1998 May;138(5):898-900.
 花粉症飛散時期

といったものがあります。
必ずしも運動だけではないというのが
診断する医者にとって盲点になりがちですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月24日

アニサキスアレルギー

アニサキスアレルギーは
消化管に噛みつき刺入する所謂
アニサキス症とは別の病態で
救急対応をする医者ならば
知っておくべき疾患だと思います。

原因となる食材としては秋刀魚や鯖などの青魚、
スルメイカといった第二中間宿主に加えて、
カツオ、鮭、海老、マグロ、貝類など
ほぼ全ての海産物で起こり得るようです。

アレルゲンとしては以下のようなものが知られています。

 Anis1:19–24 kDa、セリンプロテアーゼインヒビター起源、他のアレルゲンとの交差反応性なし
 Anis2:97–100 kDa、パラミオシン起源
 Anis3:36–41 kDa、トロポミオシン起源
 Anis4:9 kDa、システインプロテアーゼインヒビター起源、耐熱性
 Anis5:15 kDa、SXP/RAL-2タンパク質起源
 Anis6:7 kDa、セリンプロテアーゼインヒビター起源
 Anis7:139 kDa、起源不明
 Anis8:15 kDa、SXP/RAL-2タンパク質起源、耐熱性
 Anis9:14 kDa、SXP/RAL-2タンパク質起源、耐熱性
 Anis10:21 kDa、起源不明
 Anis11:27 kDa、起源不明
 Anis12:31 kDa、起源不明
 Anis13:37 kDa、ヘモグロビン
 Anis14:24–27 kDa、起源不明
 トロポニンC(TnC):21kDa、トロポニンC起源

知っておきたいことは耐熱性のものがあります。
つまり加熱しても完全には防ぎきれないということです。
アナフィラキシーの患者さんでの問診時に
注意したいところです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月06日

食物アレルギー 成人

食物アレルギーは乳児の5–10%、
幼児の5%、学童期以降の1.5–3%、
その後も加齢と共に漸減すると言われ、
一般的には小児科領域の疾患と考えられています。

しかし、実際は成人でも増えているといわれ、
アメリカの成人では10%以上という
驚きの報告もあります。
JAMA Netw Open . 2019 Jan 4;2(1):e185630.

ということで食物アレルギーについて
いろいろ勉強せねばと思う大人の症例に
最近出会ったのですが
実際に勉強しようと思ったらびっくりしました。

食物アレルギー 小児のように
小児のためのガイドラインはあっても
成人のための勉強に使える本があまりない!!!

で、探してみるとありました、ありました。



https://amzn.to/3vHfwY5

とってもオモローでした。
治療なども含めてしっかりと記載されています。
一読してみるのはアリかと思います。
鈴木慎太郎先生大ファンです。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:27 | Comment(0) | アレルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち