お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年09月13日

腸間膜脂肪織炎

腸間膜脂肪織炎はたまーに
CTを撮像されて指摘される疾患です。

1960年に初めて報告された病気ですが、
Ann Surg . 1960 May;151(5):659-68.
現在でも原因はよく分かっていないようです。

先日そんな患者さんにお会いして
少し調べてみました。

■症状
腹痛
腹部腫瘤
発熱
嘔気嘔吐
排便異常
腹部膨満

部位
 小腸間膜に限局する:欧米で多い
 大腸間膜:日本では多い
  特にS状結腸に好発する

■疫学
男女比3:1
40歳以降の中高年に多い

■病態
腸間膜の脂肪組織の炎症

■検査
血液検査
 CRP上昇

CT
 腸管を包埋するような形の腫瘤
 初期はlow density
 線維性になるとhigh density
 血管周囲は正常の脂肪式組織に近い濃度(fat ring sign)

注腸注腸X線
 腸管の全周性の狭窄
 腸間膜付着側を中心とする腸管壁の伸展不良
 不整な鋸歯状陰影

下部内視鏡
 腸管の伸展不良
 浮腫状の腫大した半月ひだ

生検
 脂肪変性
 脂肪壊死
 リンパ球浸潤
 泡沫細胞
 線維性変化

■鑑別
腸管膜脂肪肉腫

びまん浸潤型大腸癌
転移性大腸癌
悪性リンパ腫
腹膜・後腹膜原発の腫瘍
虚血性腸炎
憩室炎

■自然経過
線維化によりイレウスになる
一過性の経過を辿ることが多い

■治療
確立した治療法はない
 絶食での腸管安静
 抗菌薬
 ステロイド
 免役抑制薬
 γ-グロブリン

腸切除

参考になれば幸いです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:49 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

人工知能 医療

人工知能が医療にもどんどん応用されています。

例えばEndoBrainなど
びっくりするような素晴らしい成績を出す
AIを目の当たりにしてあるレジデントくんが
こんなことをつぶやきました。

これは凄まじすぎる。。。
もはや研修なんて要らんやん。。。笑
細かく勉強するのがアホだと思えてきます。。。

これだけ出来れば研修期間が半分くらいには
できそうな気がしますわ。。。

確かにそんなことを思うのも無理はないくらい
素晴らしい性能の人工知能が出てきています。

しかし!!

人工知能(AI)を用いた診断、治療等の
支援を行うプログラムの利用と
医師法第17条の規定と関係について

というものが厚生労働省から発表されています。

つまり、、、

医療現場でAIを使用して素晴らしいメリットを得られるとしても
判断の主体は医師でありその責任を負うのは医師である!

とされていることです。

最近ではG20で発表されたAI principlesのように
説明可能性が重要と言われるようになっています。

よくわからないけど
AIがそう言ってるからそうなんだよ。

という状態から人工知能の判断の根拠を
明らかにできる技術も出てきています。
ですからAIが判断した解析結果とその根拠も
理解していけるようにトレーニングが必要です。

ていうかしっかりトレーニングして
よりよい人工知能を先生たちが
開発していってください。

いやー、すごい時代になりました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:00 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

消化管 エコー

消化管のエコーってマジで苦手なんすよ。

レジデントくんが悩んでいるようでした。

重要なのは5層構造をちゃんと理解すること。

具体的には、、、

第1層:高エコー
 内腔と粘膜表面の境界エコー
第2層:低エコー
 粘膜筋板を含む粘膜層
第3層:高エコー
 粘膜下層
第4層:低エコー
 固有層
第5層:高エコー
 漿膜と周囲組織の境界エコー

です!

それから色々な所見が載っている本を
手元に持っておくことかと思います。

いしたんはベクトルコアさんからの名著のコレ!!
※いしたん界隈で名著と認識しされているという方が正確です。笑

IMG_4370.jpg

新超音波検査 消化管です!
具体的にプローブをどう当てるのか、
正常も異常も載っていて
手書きで所見の解説もバッチリ載っています。



新超音波検査 消化管

何故か絶版なのでプレ値がついているのですが、
それでもオススメの一冊です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:34 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち