お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年03月21日

胆嚢壁肥厚

胆嚢壁肥厚はエコーで
時折みることがあります。

見た目でなんとなくわかると思いますが、
きちんと数字で覚えましょう。

3 mm以上を胆嚢壁肥厚と
診断することが一般的かと思います。

軽度
 3-5 mm
中等度
 5-10 mm
高度
 10 mm以上

と肥厚の具合を表現しましょう。

原因としては、、、

伝染性単核球症
急性肝炎
急性・慢性胆嚢炎
胆嚢癌
胆嚢腺筋症
心不全
腎不全

などがあります。

胆嚢壁肥厚の病態はまだ明らかではないようで
仮説としては以下のようなものが提唱されています。
(AJR Am J Roentgenol , 188 (2), 495-501 Feb 2007)

 肝血流のうっ滞
 肝門部リンパ流のうっ滞
 肝のタンパク合成能低下
 肝臓からの炎症の波及
 ウイルスの直接的侵襲による免疫学的機序

頭を整理しましょう。
まず胆嚢壁肥厚は見た目だけではなく数字で。
肥厚は必ずしも胆嚢炎ではないのです。
お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:14 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

腸管気腫症

腸管気腫症はたまにお目にかかる疾患です。

原因はいろいろあります。
まずはその原因を知っておきたいものです。

AJR Am J Roentgenol , 188 (6), 1604-13 Jun 2007によると、、、

 良性の原因
  肺疾患
   気管支喘息
   気管支炎
   肺気腫
   肺線維症
   PEEP
   嚢胞性線維症
  全身疾患
   強皮症
   SLE
   AIDS
  消化管疾患
   幽門狭窄症
   偽性腸閉塞
   腸炎
   消化性潰瘍
   腸閉塞
   麻痺性イレウス
   炎症性腸疾患
    クローン病
    潰瘍性大腸炎
   白血病
   十二指腸憩室穿孔
   ウィップル病
   腸管寄生虫
   憩室炎
  医原性
   バリウム造影検査
   空腸回腸バイパス
   jejunostomy tube
   術後吻合
   内視鏡
  薬剤性
   グルココルチコイド・ステロイド
   化学療法薬
   ラクツロース
   ソルビトール
   ボグリボース
  臓器移植
   骨髄
   腎
   肝
   心臓
   肺
   GVHD
  原発性
   特発性
   腸管囊腫様気腫症

 致死的な原因
  腸管虚血  
  腸間膜血管疾患
  腸閉塞(絞扼性)
  腸炎
  大腸炎
  腐食剤摂取
  中毒性巨大結腸症
  外傷
  臓器移植(特に骨髄)
  膠原病

です!お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:00 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

急性間欠性ポルフィリン症

急性間欠性ポルフィリン症の
診断基準です。

厚労省の難病のときに使う
診断基準が一番使えると思いますので、
一度原本もご確認ください。

 臨床所見
  思春期以降に発症(急性発症が多い)
  種々の程度の腹痛、嘔吐、便秘(消化器症状)
  四肢脱力、けいれん、精神異常(精神神経症状)
  高血圧、頻脈、発熱など(自律神経症状)
  他のポルフィリン症とは異なり皮膚症状(光線過敏症)なし
 検査所見(発作時)
  尿中δ-アミノレブリン酸(ALA)の著増
   正常値平均値の3倍以上(平均約20倍)
  尿中ポルホビリノゲン(PBG)の著増
   正常値平均値の10倍以上(平均約90倍)
  ※緩解期もALA・PBG高値(正常上限の2倍以上)
 遺伝子検査
  ポルフォビリノーゲン脱アミノ酵素遺伝子の異常あり
 除外診断
  器質的病変を基盤とする急性腹症
  イレウス
  虫垂炎
  ヒステリー
  鉛中毒症
  他のポルフィリン症
 参考事項
  家族歴あり
  上記症状の既往あり
  発作誘因
   薬物
    バルビツール系薬剤、サルファ剤、抗けいれん薬、経口避妊薬、エストロゲン製剤など
   生理前や妊娠、出産など性ホルモンのアンバランス
   タバコ
   アルコール
   感染症
   カロリー摂取不足
   各種ストレス
 >>>
 臨床所見のいずれか、検査所見を両方満たし、除外診断を否定できる
 臨床所見のいずれか、遺伝子検査を満たし、除外診断を否定できる
 上記で診断とする

ポルフィリン症で書いた通り、
急性腹症として突然来院することもありますので
頭の片隅においておきたいところです。

治療は対症療法です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:19 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち