お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年07月05日

抗不整脈薬 分類

抗不整脈薬は分類をしっかり覚えると
使っていく上で理解がしやすいと思います。

Vaugham Williams分類が基本ですね。

・I群(Naチャネル拮抗薬)
 活動電位の立ち上がり速度を減少させ、
 伝導を抑制することで抗不整脈効果を発揮します。

 Ia群(活動電位持続時間を延長する)
  Naチャネル結合解離
   intermediate
    キニジン
    プロカインアミド
   slow
    ジゾピラミド
    シベンゾリン
    ピルメノール

 Ib群(活動電位の持続時間を短縮させる)
  Naチャネル結合解離
   intermediate
    アプリンジン
   slow
    リドカイン
    メキシレチン

 Ic群(活動電位持続時間を変化させない)
  Naチャネル結合解離
   intermediate
    プロパフェノン
   slow
    フレカイニド
    ピルジカイニド

・II群(β遮断薬)
 カテコラミンによる各種イオンチャネ ルの
 電気生理学的特性変化を抑制
 (自動能亢進や不応期短縮を抑制)
 プロプラノロール
 ビソプロロール
 など

・III群(Kチャネル拮抗薬)
 活動電位幅を広げ不応期を延長させ不整脈を抑制
 アミオダロン
 ソタロール
 ニフェカラント
 ベプリジル

・IV群(Caチャネル拮抗薬)
 ベラパミル
 ジルチアゼム

抗不整脈薬 使い分けも参考にどうぞ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 18:36 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

HAS-BLED

HAS-BLEDスコアとは
心房細動での抗凝固療法での
出血リスクを評価するものです。

HAS-BLEDスコアの付け方は・・・

 Hypertension(1点)
  高血圧:sBP > 160 mmHg
 Abnormal renal / liver function(各1点)
  腎機能異常
   慢性透析
   腎移植
   血清Cre ≧ 2.26 mg/dL
  肝機能異常
   慢性肝疾患(肝硬変など)
   検査値異常(Bil>正常上限2倍、AST/ALT/ALP>正常上限3倍)
 Stroke(1点)
  脳卒中
 Bleeding(1点)
  出血
   過去の出血歴
   出血傾向(出血素因、貧血など)
 Labile INRs(1点)
  不安定な国際標準比(INR)
   不安定/ 高値INR
   TTR(Time in Therapeutic Range)の管理不良(60%未満)
 Elderly(1点)
  年齢>65歳
 Drugs / alcohol(各1点)
  抗血小板薬やNSAIDsの使用
  アルコール依存症

合計3点以上は出血リスクが高いと判断されます。
抗凝固療法の用量を慎重に
コントロールする必要があります。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:09 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

脚気

脚気はかつての国民病とされましたが、
近年では稀ですね。
ただし時に脚気患者さんがやってきますので
症状は知っておきたいものです。

脚気・beriberiとはビタミンB1欠乏症で、
全身浮腫
心不全
多発神経炎
上記が三徴とされています。

神経障害とは
四肢の強いビリビリとした異常感覚
感覚鈍麻
と言った症状があり、
腱反射消失といった身体所見が特徴です。

脚気心では、
紅潮
頭痛
落ち着きのなさ・不穏
胸部絞扼感
恐怖感
無意識な深呼吸
他にも心不全症状があります。

ひどい乳酸アシドーシスをきたしたり
ウェルニッケ脳症を発症していたら
意識障害をきたすこともあります。

多彩な症状をきたしますが、
上記のような症状があれば
ビタミンB1を測定してみましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:45 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち