お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2022年03月25日

ホルモン

ホルモンとは体内で合成される物質で
多くの体内の現象を調節するものです。

体の現象ごとに調節する因子があるとすると
非常に多いということが予測されますが
以下のようなものは最低知っておいてください。

ペプチドホルモン
 視床下部
  CRH
  GRH
  TRH
  LHRH
  SRIF(ソマトスタチン)
 下垂体
  前葉
   ACTH
   GH
   αサブユニットが共通
    TSH
    FSH
    LH
   プロラクチン
  後葉
   バソプレシン
   オキシトシン
 甲状腺
  カルシトニン
 副甲状腺
  PTH
 心臓
  ANP
  BNP
 血管
  エンドセリン1
  CNP
 肝臓
  アンギオテンシノーゲン
  ソマトメジン3
 膵臓
  β細胞
   インスリン
  α細胞
   グルカゴン
  D細胞
   ソマトスタチン
  PP
   pancreatic polypeptide
 消化管
  セクレチン
  ガストリン
  コレシストキニン
  GIP
  VIP
  グレリン
 腎臓
  レニン
  エリスロポエチン
 胎盤
  hCG
  IGF1
 脂肪細胞
  レプチン
アミン or アミノ酸誘導体
 甲状腺
  T4(サイロキシン)
  T3(トリヨードチロニン)
 副腎髄質
  アドレナリン
  ノルアドレナリン

ステロイドホルモン
 コレステロールから合成される
 副腎皮質
  コルチゾール
  アルドステロン
  アンドロゲン
   DHEA
   DHEAS
 精巣
  テストステロン
 卵巣
  エストロゲン
  プロゲステロン
 腎臓
  活性型ビタミンD
 胎盤
  エストロゲン
  プロゲステロン

その他
 PG
 CO
 NO

内分泌科の先生のセミナーで
最初の一言がぐさっと刺さりました。笑
詳しく知らないホルモンがあったりして。。。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:18 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月18日

女性化乳房

女性化乳房ってなかなか言いづらいです。
男なのに胸があるので病気じゃないかと
心配ではあったのですが
そもそも胸が大きくなったと言うのが
とても恥ずかしいんですよ。

先日、胸の痛みを主訴に受診され、
薬剤による女性化乳房と診断した方が
改善後にそう仰いました。

確かに仰るとおりですね。
勇気を出して相談してくれたからこそ
医師も一発で診断と方針を決められるように
なっておく必要があります。

女性化乳房の原因は以下のようなものがあります。

エストロゲン過剰
 真性半陰陽
 精巣腫瘍
 胚細胞腫瘍
  絨毛癌
  セミノーマ
  など
 副腎皮質腫瘍
 hCG産生肺癌(小細胞癌)
 甲状腺機能亢進症
 甲状腺機能低下症
 肝硬変

アンドロゲン作用低下
 原発性(睾丸性)性腺機能低下症
  クラインフェルター症候群
  アンドロゲン受容体異常症
   睾丸性女性化症候群
   Reifenstein症候群(レイフェンステイン症候群)
   球脊髄性筋萎縮症
 続発性(視床下部下垂体性)性腺機能低下症
  ゴナドトロピン単独欠損症
  高プロラクチン血症
  神経性食思不振症
 慢性腎不全

薬剤性
 ジギタリス
 H2 ブロッカー
  シメチジン
 向精神薬
 降圧薬
  Ca拮抗薬
   ニフェジピン
  K保持性利尿薬
   スピロノラクトン
 ホルモン薬
  エストロゲン
  抗アンドロゲン薬
   ビカルタミド
  デュタステリド

特に薬剤性についてはとても重要です。
覚えておきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:55 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

レニン産生腫瘍

レニン産生腫瘍は1967年に初めて報告され、
2014年までに世界で約90例程度の
報告しかない超稀な疾患です。

高血圧の精査でレニンもアルドステロンも
高い症例などで考える鑑別疾患の一つです。

腫瘍のできる場所・部位としては
傍糸球体細胞腫は腎臓の
傍糸球体細胞に発生するものです。

また、異所性レニン産生腫瘍も存在します。

 腎性
  腎細胞癌
 腎外性
  肺癌
   肺燕麦細胞癌
   肺未分化腺癌
  肝過誤腫
  眼窩血管外皮細胞腫
  膀胱移行上皮癌
  膵臓癌
  卵巣腫瘍
  副腎腫瘍

といったところに腫瘤がでてくるみたいです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:46 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち