お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年02月04日

褐色細胞腫 症状

褐色細胞腫の症状は5hとして
医学生時代に習ったと思いますが、
改めてそして細かく覚えたいものです。

治療抵抗性高血圧
 持続性高血圧(PPGLの50-60%にみられる)
 発作性高血圧(PPGLの30%にみられる)

頭痛(PPGLの60-90%にみられる)
起立性低血圧(PPGLの10-50%にみられる)
頻脈

発汗過多(PPGLの55-75%にみられる)

治療抵抗性糖尿病(PPGLの40%にみられる)
 糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こすこともある

代謝亢進
 動悸(PPGLの50-70%にみられる)
 体重減少(PPGLの20-40%にみられる)
 発熱

蒼白・冷感(PPGLの40-45%にみられる)
嘔気嘔吐(PPGLの20-40%にみられる)
倦怠感(PPGLの25-40%にみられる)

不安・精神症状(PPGLの20-40%にみられる)

便秘

急性心不全
 カテコラミン心筋症(たこつぼ型心筋症)

※pheochromocytomaとパラガングリオーマを合わせてPPGLと表現しています

医学生の時に内分泌の試験で
症状を覚えたと思います。

でも上記を医者になってみてみると
どれも非特異的な症状で、
一つだけでは褐色細胞腫を疑えません。

事実、褐色細胞腫は診断されるまでは
不定愁訴とされていることも多いのです。
疑うことの難しさを改めて感じていただければ。

疑ったら褐色細胞腫 診断基準も参考にどうぞ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:17 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

睡眠時無呼吸症候群 高血圧

睡眠時無呼吸症候群SASは
二次性高血圧症の代表的な原因疾患です。

SASの高血圧の特徴は
早朝高血圧・日中血圧上昇・夜間高血圧!
つまり一日中血圧が高いnon dipper型であることです。

機序・病態としては、、、

 apnea
 →SpO2低下/CO2貯留
 →交感神経亢進
 →血管収縮
 →代謝異常や治療抵抗性高血圧

と言われているますし、
高レニン・高アルドステロン血症である
とも言われています。

スピロノラクトン投与でAHIが改善したという報告と
治療抵抗性高血圧を示すSAS患者にCPAP療法を行うと
アルドステロンが低下したという報告があります。

アルドステロンとSASはお互いに
深い報告があると言われています。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:50 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

降圧薬 PRA PAC

降圧薬のPRAとPACへの影響は
原発性アルドステロン症の
スクリーニングをする上では
知っておくべき知識です。



高血圧治療ガイドライン2014によると・・・

 ACEI・ARB
  PAC↓・PRA↑↑・ARR↓

 β遮断薬
  PAC↓・PRA↓↓・ARR↑

 直接的レニン阻害薬
  PAC↓・PRA↓↓・ARR↑

 Ca拮抗薬
  PAC→〜↓・PRA↑・ARR↓

 アルドステロン拮抗薬
  PAC↑・PRA↑↑・ARR↓

 利尿薬
  PAC↑・PRA↑↑・ARR↓

血漿アルドステロン濃度PACと
血漿レニン活性PRAは
体勢や時間にも影響されますので、
ARRを求めるスクリーニングの際は
色々な準備をしておく必要があります。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:降圧薬 pra PAC
posted by いしたん at 20:42 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち