お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2022年06月26日

遠隔医療

遠隔医療の現状について学ぶ機会がありました。

色々な課題を知ったと共に、
素晴らしい進歩を感じました。

個人的に一番驚いたのは
長崎大学のNURASというシステムです。
長崎は離島が多いということで
遠隔医療の需要が非常に高いそうで、
Microsoftと共同して
長崎大学を挙げて取り組んでいるそうです。

複合現実(MR、mixed reality)の仕組みのようで、
例えば五島の病院で患者さんが手を出すと
専門医の前にその手が3Dで浮かび上がってきて
詳細に観察できるようです。

IoTというのは驚くほど
現実を変えていっていますね。。。

勉強したいことが沢山です。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病院経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月01日

遺伝情報

遺伝情報の取り扱いについては
漏洩しないように非常に注意が必要です。
個人情報なので言わずもがなですが
改めて確認してください。

2022年4月6日に日本医学会・
日本医学会連合・日本医師会より
『遺伝情報・ゲノム情報による
不当な差別や社会的不利益の防止』
についての共同声明が出ました。

それを受けて生命保険協会から
引受・支払実務における遺伝情報の取扱についての
医療者に向けた立場の開示がありました。
https://www.seiho.or.jp/info/news/2022/20220527.html

次世代シークエンサーが普及し
ゲノム検査が安価になってきたことから
これからどんどんと増えると思います。
社会におけるデータの利用状況などが
どんどんと変わっていくと思います。

状況をアップデートし続けることが必要ですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病院経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月16日

ウェアラブルデバイス 医療

ウェアラブルデバイスの医療の中での
活躍が目覚ましいですね。

例えばアップルウォッチで使える
家庭用心電計プログラムとか
家庭用心拍数モニタプログラムといった
アプリは医療機器になったそうです。

また心房細動の検出についても検証が進んでいます。
Large-Scale Assessment of a Smartwatch to Identify Atrial Fibrillation NEJM 2019

他にも光電式脈波記録法で
スマートフォンで糖尿病が
予測できるようです。
Nature Medicine 2020 a digital biomarker of diabetes from smartphone based vascular signals

日常生活をしているだけで診断がつくなら、
例えば75 g OGTTなどの負荷試験は
今後なくなっていったりするのでしょうか。
医療現場が日常に広がっていきますね。

すごいですねー!
より簡単に、便利に、健康になれるのは素晴らしい。
新しい時代の医療という感じです。

今後は医学部でITについての授業も
やる時代になるんでしょうか。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病院経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち