お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年12月16日

鑑別診断 医学生

鑑別診断について医学生くん達に
授業をする機会が先日ありました。

症例を当ててどう考えるか、
何の鑑別を挙げるのか、
どのような検査が必要なのかについて
まとめてきてもらいました。

課題の発表を聞いて思ったのは、、、

「めちゃくちゃ凄いなー!」

でした。笑

何がって、今の時代の便利さが、です。
ちょっとググったら病気のあらゆる情報が見つかります。
症状、疫学、検査、診断基準などなど。。。

授業でそんなの教えなくても調べれば
沢山出てくる時代なんだなーと実感しました。

そんな時代だからこそ患者さんの診察で
”その病名を浮かべられるか”が
重要になってきます。

病名さえ浮かんだらググればいいんですから。

ということで医学部の時には膨大な情報の”記憶”より
オッカムの剃刀のような
情報の使い方やまとめ方の作法を学ぶことが
重要な時代になってきました。

教える方もアップデートしていかなければと思いました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:45 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月24日

医者 専門外

医者なのに専門外について
全くやろうとしないという困った先生が
最近増えて来ているよなー。

あるご年配の先生がぼやいていました。

というのは発熱が1週間続くからと
ろくな検査もせずに
抗菌薬とかステロイドをテキトーに入れて
不明熱として専門病院へ紹介する開業医が
かなり増えているからだそうです。

専門が細分化されすぎて
専門と専門の間を埋めるような
総合力に乏しい医者が増えているのは
かなり問題ではありますよね。
いわゆるかかりつけが作れないということですから。

「しかもな、そんな専門バカの医者に限って
 総合内科専門医とかの資格を持っていたりするんだよ。
 資格コレクターは意味ないよね。。。」

研修病院は多科が揃っているので、
その道の専門家にご対応いただくことが
医療安全上重要ですが、
丸投げせずに一緒に診察し勉強していくことを
忘れずに医療に取り組みましょう。

そうすると症例を経験できることが増えるので
専門外は全くわからないなんてことが
かなり減ってくるのではないかと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:12 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月28日

CTCAE

CTCAEとは
Common Terminology Criteria for Adverse Eventsの略で
有害事象共通用語基準という
日本語が充てられています。

有害事象について世界共通の評価基準です。

様々な事象についての重症度が
グレード0から5までで
はっきりと決まっているので
とても分かりやすいです。

貧血とか好中球の減少とか
カリウムとかカルシウムとか
あらゆる検査値の異常についての
重症度が決められています。

ということで!

検査値が正常範囲ではないことは分かっても
どのくらいやばそうなのかがよく分からない時は
CTCAE gradeを見てみることをおすすめです。

いしたんが研修医の頃は
どのくらい急いで上級医に相談すべきか
異常値の程度をCTCAEで確認していました。笑

そうすると研修医くんのあるあるである
「こんな程度で報告してくるなよ!」
とか
「何でこれを早く報告しなかったんだ!!」
という感じで叱られることはありませんでした。

意外と大事なポイントです。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:07 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち