お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年03月23日

薬 副作用

薬には副作用があります。
というか副作用のない薬は
存在しないのではないでしょうか。

ということで患者さんに薬を処方するときは
副作用を過度に言い過ぎないように
気をつけましょう。

研修医ちゃんと当直をした時に、
患者さんへの説明を任せました。

すると・・・

ほとんど副作用のことしか言ってない!!

そういう説明をされると薬というより
もはや毒を飲まされるような感覚になりそうだー
横で聞いていてヒヤヒヤしました。

そして案の定、、、
患者さんはそんなものなら
もう飲まない!と言い出す始末。。。

これは説明の仕方をもう少し
きちんと学ぶ必要があるケースでした。

副作用のない薬はない。
だからメリットが上回ると思われる時しか
内服薬を渡すことはない。

まずはその前提をお伝えしましょう。

そして自分の場合はこう付け足します。

車に乗られますか?
車に乗る時に交通事故で死ぬかもしれないことを
分かった上で乗っていますよね?
死んだ時に交通事故って死ぬ可能性があるなんて
知らなかったーなんて言いませんよね?

死亡リスクを知った上で乗るメリットをとるはずです。

それと同じでお薬を飲むときもそれだけ
重大なことが起こる可能性があるのです。
しかしその確率が低いから、
これは毒ではなくてクスリになっています。

ですからそう言った副作用らしさがあれば
すぐに相談していただきたいですし、
そもそもそういったことは少ないと思うのです。

他の薬ももちろん副作用はあります。
それを比較して一番メリットが大きいこの薬を
処方しようと思うのです。
いかがでしょうか?

患者説明の参考になると幸いです。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ: 副作用 説明
posted by いしたん at 00:40 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

時間割 仕事

時間割を作って仕事をしてみましょう。

忙しくなってきた研修医くんや
レジデントくんに仕事術の助言です。

色々やることが溜まってくる。
色々やることがあるけれど
何だか色々と余計に終わらない。
余計に色々と溜まる。

そんな悪循環が一番しんどいと思います。

何時までにやる!
一つずつに集中することで
同時に色々考えてしまうために
仕事が終わらないという現象を回避しましょう。

また、完璧を目指しすぎると
途中で息がきれてしまいます。

明日で良いことは明日やる!
今日やらなければならないことを
しっかりと取り組む。

このためには時間割が良いかなと思います。

仕事を終わらせるために必要なのは
sin、cos、tanではありません。
時間の算数だと思います!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 20:14 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

研修医 働き方改革

研修医にも働き方改革の波が
押し寄せてきています。
研修医くんだって医師ですから。

「研修医=安い労働力」

という事で有名研修病院の中には
教育の場を与えてあげるから
一生懸命働くべし!という経営で
黒字を保っていた病院もあったそうです。

具体的には研修医くんは残業手当を
全くつけられないといった環境でした。
まあ一昔前の大学病院でのほぼ無給の
研修よりは絶対マシになっていたのですが。。。

しかしそれが一転。

最近は働き方改革によって
研修医くんたちが残業代を
きちんともらえるようになりました。
そのためなのか一転して赤字経営に
なってしまった病院もあるそうです。

給料という点ではそういう時代に
研修したかったなーと羨ましく思います。

でも残業させないために
カンファンレンスは出席せずに帰らせるとか
夜になったら手術途中でも帰らせるなど
自己研鑽の場が削られていくのは心配です。

決して無理はしすぎてはいけません。
でも実力をつけるための時間は
意識して作っていきたいものです。

教育する側ももっと工夫して
研修プログラムを時間にとらわれないやり方に
シフトしていく必要がありますね。

時代にフィットさせていかねば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:56 | Comment(0) | 研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち