お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2023年02月05日

骨軟骨腫

骨軟骨腫(外骨腫)は
手足の腫瘤をきたす疾患です。
レントゲンで骨幹端部に
ツノのように膨隆するのが特徴です。
このツノの表面が軟骨で覆われているのが
骨軟骨腫の名前の由来なのだそうです。

原発性骨腫瘍の中で最多で、
成人にも見られますが、
5-20歳で好発するとされます。
約45%が10歳台で腫瘤を自覚しています。

自然経過としては骨成長に伴い
外骨腫も増大する場合が多いそうです。

骨と軟骨からなる良性腫瘍ではあるのですが
稀に悪性化します。
外骨腫の表面の軟骨が2 cm以上に
厚くなった場合に悪性化を疑いましょう。

治療については手術ですが、
その適応は以下の通りです。

 痛みや機能障害などの症状あり
 整容的問題

参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月02日

横紋筋肉腫

横紋筋肉腫(rhabdomyosarcoma)は
軟部組織の悪性腫瘍の代表的疾患です。

病理所見に基づいて、胎児型、胞巣型、
多形型、紡錘細胞型に分類されます。
各病型についていしたんの知っている範囲で
ザクっとまとめてみました(古くてすみません!)。

胎児型(65%)
 -10歳未満
 粘膜下に発生するものはポリープ状に突出しブドウの房状
 →別名:ブドウ状横紋筋肉腫
 部位
  乳児の頭頸部(鼻咽腔)、泌尿生殖器(膀胱、膣)が好発
  胆道系(総胆管)、後腹膜、四肢にも発生する
 組織所見
  未熟な円形細胞、紡錘形細胞、横紋筋芽細胞が混在
 化学療法が有効

胞巣型(28%)
 10歳台
 四肢の筋肉に好発
 躯幹、頭頸部にも生じる
 稀に皮膚原発
 多くは全身転移をきたして死亡する
 病理
  腫瘍細胞の主体は円形細胞
  分化した横紋筋芽細胞が混在する
  腫瘍細胞が胞巣状に配列
  結合組織性の隔壁で境される
  胞巣の辺縁部では腫瘍細胞が1列に並ぶ
  胞巣の辺縁部では腫瘍細胞が干し柿を吊るしたように隔壁に付着
  デスミン、筋特異アクチン陽性
 原因
  t(2;13)(q35;q14)
   PAX3-FKHR
  t(1;13)(p36;q14)
   PAX7-FKHR

多型型(2%)
 40歳台、50歳以上
 高悪性度
 多形性を示す大型の異型細胞(横紋筋芽細胞)が増殖
 豊富な好酸性の細胞質を有する

紡錘細胞型(5%)
 小児の傍精巣領域や頭頸部に好発
 病理
  細長い均一な紡錘形細胞が束を形成
  分化した横紋筋芽細胞に乏しい
 比較的予後の良い

お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月14日

変形性膝関節症

変形性膝関節症の診断といえば、
ACR 1986年の膝OA分類基準でした。

・臨床および検査所見
 膝関節痛があり以下5項目以上〜感度92%・特異度75%
  年齢>50歳
  こわばり<30 min
  捻髪音
  骨圧痛
  骨腫大
  熱感なし
  ESR<40 mm/hr
  RF<1:40
  SFOA

・臨床およびX線所見
 膝関節痛があり以下1項目以上〜感度91%・特異度86%
  年齢>50歳
  こわばり<30 min
  捻髪音+骨棘

・臨床所見
 膝関節痛があり以下3項目以上〜感度95%・特異度89%
  年齢>50歳
  こわばり<30 min
  捻髪音
  骨圧痛
  骨腫大
  熱感なし

ただしこの基準を用いると早期膝OAの診断は
なかなか難しいものでした。

近年GLA:Dなどの治療プログラムの成功を受け
早期に診断できることが求められています。
バリデーションがまだではありますが、
2018年に国際コンソーシアムが早期診断のための
分類基準の案を提唱してくれました。

●早期膝OAの分類基準案(Semin Arthritis Rheum . 2018 Feb;47(4):457-463.)
・MRIまたは関節鏡所見を用いる場合
 膝痛:10日を超える持続的な膝痛が過去1年間に2回以上
 標準X線像:KLグレード0、1、2
 以下のうち1つ以上
  関節鏡所見
   2つ以上のコンパートメントでICRSグレード1–4
   or
   1つのコンパートメントでグレード2–4かつ周辺軟骨の軟化と腫脹
  MRI所見:以下2つ以上
   軟骨欠損範囲がBLOKSグレード2以上
   軟骨全層欠損の割合がBLOKSグレード2以上
   半月板変性の徴候
   骨髄病変の大きさがBLOKSグレード2以上

・MRIデータがない場合
 患者自記式質問票(KOCS)
  サブスケール4つのうち2つ以上陽性
 診察で以下1つ以上
  関節ラインの圧痛
  関節摩擦音
 X線所見
  荷重下での立位像(固定屈曲位前後像と膝蓋骨軸方向像を含む2つ以上の投影)でKLグレード0–1

お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち