お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年09月23日

骨転移 部位

骨転移の症状は深部のズキズキとした痛みです。
疼痛の特徴は安静時痛+体動時の突発痛です。

医学生さんならそれでOKですが、
研修医くんならは場所ごとの特徴や対応を
知っておきたいところです。

 脳底部骨転移
  脳神経障害
   正円孔・卵円孔の障害による三叉神経障害
    三叉神経痛
   頸静脈孔の障害による舌咽・迷走・副神経障害
    味覚障害、嚥下障害、嗄声
    >>>
    ベルネット症候群

 歯状突起(C2)骨転移
  病的骨折や亜脱臼で神経圧迫
   首の屈曲で増悪する後頭部や頭頂部に放散する強い痛み
   上肢から始まり進行する感覚、運動、自律神経障害
   四肢麻痺、呼吸停止の可能性あり

 脊椎転移
  脊髄圧迫
   痛みと下肢麻痺の進行
    C3以下なら四肢麻痺の危険性あり
    胸椎・腰椎転移なら下肢麻痺のリスクあり
  脊髄神経圧迫
   神経が支配する領域に痛みとしびれを起こす
   片側1分節の圧迫が多いが2分節に及ぶことはある

 脊髄浸潤・髄膜播種(ずいまくはしゅ)
  肺癌などが原因
  脊髄の麻痺による痺れと疼痛

 肋骨転移
  肋間神経痛
   転移部位の末梢の皮膚の感覚障害
  骨折

 仙骨
  仙骨症候群
   坐位で増強する臀部、会陰部、大腿部後面に放散する痛み

部位ごとにそれぞれ対応すべきことが違いますし
突然死のリスクなどが全く違います。
参考になれば。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 04:13 | Comment(0) | ホスピス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

癌性疼痛 機序

癌性疼痛の機序は
以下のように分類されています。

癌が神経に直接作用して起こる痛み(癌性疼痛の3/4を占める)
 侵害性疼痛
  体性痛
  内臓痛
 神経障害性疼痛
癌の治療に伴う痛み
 化学療法に伴う
 手術に伴う
 放射線療法に伴う
その他の痛み
 癌にも治療にも関係ない痛み

上記メカニズムを頭にいれたら、
癌患者さんが痛みを訴えた時に
癌からなのか、癌からではないのか、
まずはそこを鑑別しましょう。

癌ならば原病によるものか治療によるものか
一つずつ鑑別していきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 05:10 | Comment(0) | ホスピス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

ケミカルコーピング

ケミカルコーピングとは
がん性疼痛の緩和を目的に
処方されたオピオイドを
不安や不眠などの精神的苦痛のために
患者さんが不適切に使用することです。

乱用や依存の前段階と考えられています。

ケミカルコーピングは
慢性疼痛 オピオイドにも起こります。

ですからどの科のドクターでも
そのリスクは知っておくことが必要でしょう。

 自己評価が低く自分に自信を持てない
 人を信じられない
 本音を言えない
 見捨てられる不安が強い
 孤独で寂しい
 自分を大切にできない

リスクがある場合は慎重な観察が必要です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:19 | Comment(0) | ホスピス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち