お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年05月16日

コデイン

コデインは鎮咳薬や癌性疼痛の弱オピオイドとして
知っておくべき薬剤です。

コデインは体内でモルヒネに変化して
効力を発揮します。

『コデイン 60 mg = 経口モルヒネ 10 mg』
という換算でいいでしょう。

通常、がん性疼痛に対してコデインリン酸塩散は
60 mg/dayを分3で使います。

効果発現までは15-60分。
効果持続時間は4-6時間。
T maxは0.4-2.0時間。
T 1/2は2.3時間です。

副作用はモルヒネと同じですから、
便秘・眠気・嘔気に注意しながら使いましょう。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホスピス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

癌性疼痛

癌性疼痛は決してターミナルだけに
対応するものではありません。
腫瘍があればいつでも
疼痛管理は考えておく必要がありますね。

治療薬についてはWHOの除痛ラダーを
まずは思い出して下さい。

まずは非オピオイド鎮痛薬。
NSAIDsやアセトアミノフェンなど
始めていきましょう。

次のラダーは弱オピオイド。
コデインやトラマールを検討します。

最後は強オピオイドです。
モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルを使っていきます。

基本は絶対にオキシコドンです。

ただ、麻薬を使いこなすという点にだけ搾るならば
まずは研修医くんにはフェンタニルから覚えるのをお勧めします。
麻酔科でも術後鎮痛によく使いますし、
救急でも大動脈解離なんかでは使いますからね。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホスピス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

また先生にご迷惑をおかけしたいなあ

また先生にご迷惑をおかけしたいなあ。


担当させていただいている
患者さんがおっしゃいました。

この患者さんは末期の呼吸不全。

ターミナルであることから
自宅での看取りを希望されて
明日退院となる方です。


自宅に帰れるのはすごく嬉しいんだよ。
それでも先生の顔や声が離れるのは
どうしても寂しいものですな。

お別れかなとは思っているけど
また先生にご迷惑をおかけしたい。



ほぼ毎日病院に行って
診させていただきました。
こんなことを言っていただけると
報われた気がします。

どうぞ最後のお時間を
ゆっくりお過ごしください。

病院は出会いと別れで溢れています♪


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:先生 迷惑 末期
posted by いしたん at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホスピス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち