お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年06月11日

社会保障費

社会保障費の増大は日本の大きな問題です。

高齢社会となる前から
分かっていたことではありますが、
これほど大きな問題になってしまったのは
人口構造以外にも色々と原因があるそうです。

その中で注目したいのは
海外製品・薬品の使用が必要になったことも
大きな要因の一つではないか
という意見もあることです。

生物学的製剤とか麻酔器とか
ダビンチを始めとした製品は
海外のものが多い気がします。

この調子で新薬がどんどんと
海外にとられてしまうと
今後の推移としては
日本の社会保障費は膨れ上がるのは
間違いないでしょう。

日本発の画期的な医療用品が
どんどんでてくることを期待します!
製薬会社、医学博士、
みんなでさらなる良い薬や
医療用品を作っていきましょう!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:53 | Comment(0) | 社会医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

医薬品 高い

医薬品が高いのよ!理由は何?

患者さんがおっしゃいました。

そうですよね。
新しい薬が必要ですが
その費用は高いです。
健康がありがたいし、何より節約なんだと
医療者をやっているとよく分かります。

このところ生物学的製剤が出てきて
高額な治療が増えてきています。
特にニボルマブなんかは有名ですよね。

薬が高いのは開発コストがあるからです。

候補化学物質が新薬として世に出る確率は
何と3万591分の1だそうです。
すごい確率の低さです。
一つの薬を作るのに製薬会社が
どれだけ苦労しているのか分かります。

そんな努力の結晶が薬なんです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:41 | Comment(0) | 社会医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

医療費

医療費は日本では高騰の一途です。
特に生物学的製剤や分子標的薬が
市場に出現してからはその推移が顕著です。

これからは費用対効果を考えて
治療を考えていかなければ、
国民皆保険も維持できなくなるかもしれません。

まずは医療費とは何かという定義から
勉強していきましょう。

●直接費用:疾病に関連して発生するもの
・直接医療費:病院や薬局に支払うもの
 外来医療費
  投薬料
  注射料
  検査料
  診察料
 入院医療費
  入院基本料
  手術料
  食事料
 代替医療費
  健康食品
  民間薬
  はり灸

・直接非医療費:疾病以外に支払うもの
 交通費
 自助具
 介護費用

●間接費用:働けなくなることから生じるもの

病気は本当に費用がかかります。
適切な治療でできるだけ早く、
そしてしっかりと治療したいものです。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:05 | Comment(0) | 社会医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち