お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2015年12月10日

身体障害 等級

身体障害の等級を
分類するための基準は
どこにあるの?

厚労省にありました。
一覧表もありました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

地域医療は崩壊しているが、地域の崩壊の方が危機的だ

地域医療の崩壊が叫ばれて久しいですね。
地域医療の問題点は本当にいろいろ言われています。
地域医療構想とか地域包括ケアシステムとか
多くのことが考えられていますね。

で、今日は地域医療の先生と
お話しする機会をいただきました。

今は地域医療が傾いていることは
もちろんなのですが、
むしろ地域そのものの崩壊が
最も危惧すべきことだということでした。

なるほどー!
目から鱗でした。

私は社会学者ではないし
ビジネスマンでもないし
政治家でもありません。

何をもって地域と定義するのか、
地域の安定の基準は何か、
よく分かりません。
経済状況なのか、
人口減少が問題なのか、
何なのでしょう??

でもわかることがあります。
人が少なくなっていることです。

自分の同世代でも子供を持たない人、
結婚していない人がかなりいます。
社会医学でも人口減少と
超高齢社会は常識です。

子供を持たない選択をすること、
子宝に恵まれなかった人、
それはそれで尊重すべきことだし
仕方なかったことだとも思います。

貧困家庭とか母子家庭とか
老老介護とか独居とか
いろんな問題があります。

答えは出ませんでしたけど
でも聞けて良かったなと思います。

医療は社会の為にある。
医療技術だけ見てれば良いという
ものでもないですね。

『地域が壊れている。』

本当にぞっとしました。
そしていろいろ課題が見えました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

司法解剖、行政解剖

人口が減少しており
高齢社会である日本。
核家族化や独居や
貧富の差も大きい日本。

年々死亡数は増えています。
学生のときは年間100万人程度だと
覚えていましたが
もう130万人に迫る勢いなんですね。
で、死因の分からない死体も
やはり増えていますね。

救急にいると異常死体との遭遇も
割とありますね。

病院を移ってみるといろいろと
その対応がマイナーチェンジします。
で、調べて見ると法医解剖は
都道府県によってかなり
状況が変わるようですね。

確かに科学技術ではなく行政ですもんね。

平成24年度の異常死体に対する解剖率は
行政解剖では神奈川県がずば抜けて多いですね。
監察医制度があるからでしょうか。
一方岐阜、愛知、広島、鹿児島は
司法解剖も含めてかなり少ないです。

それだけ結論の出ない
死因不明の死体が多いということなんですね。
考えて見ると結構怖いです。
実は殺人だったとかあるのかもしれません。
法医学って大事ですよね。

ヴォイス~命なき者の声~ ディレクターズカット版DVD-BOX
このドラマで法医学を志す人は増えたのかな?
かなり泣けたしカッコよかったですよね。
懐かしい♪
posted by いしたん at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち