お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年08月31日

要介護 要支援 違い

要介護と要支援の違いは何ですか?

認定するのは役所なので基準はわかりません。
また、社会構造の変化で
制度も変わっていますので、
なんとも難しいです。

自分たちは判断に必要な情報を
的確に記載するだけですが、
ただその違いのイメージは知っていていいでしょう。

要介護は介護が必要な人。
要支援は介護は必要ではないため
要介護にならないように予防が必要な人。

そんな感じです。予防が重要視される時代です。

というわけで、当然利用できるサービスも異なります。

以下はいしたんのノートにあった少し古いものですが、
利用できるサービスの違いがわかりやすいかと思うので
参考までにどうぞ。

●介護予防給付:要支援者が受けられるサービス
・在宅サービス
 訪問系
  介護予防訪問介護(ホームヘルプ)
  介護予防訪問入浴介護
  介護予防訪問看護
  介護予防訪問リハビリテーション
  介護予防居宅療養管理指導
 通所系
  介護予防通所介護(デイサービス)
  介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
 短期入所系
  介護予防短期入所生活介護
  介護予防短期入所療養介護(ショートステイ)
 施設・居住系
  介護予防特定施設入居者生活介護
 福祉用具レンタル・購入等
  介護予防福祉用具の貸与
  特定介護予防福祉用具購入費の支給
  介護予防住宅改修費の支給

・施設サービス
 なし

・地域密着サービス
 介護予防認知症対応型通所介護
 介護予防小規模多機能型居宅介護
 介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

・ケアプラン作成
 地域包括支援センターで利用相談を
 介護予防支援(ケアマネジメント)

●介護給付:要介護者が受けられるサービス
・在宅サービス
 訪問系
  訪問介護(ホームヘルプ)
  訪問入浴介護
  訪問看護
  訪問リハビリテーション
  居宅療養管理指導
 通所系
  通所介護(デイサービス):入浴
  通所リハビリテーション(デイケア)
 短期入所系
  短期入所生活介護
  短期入所療養介護(ショートステイ)
 施設・居住系
  特定施設入居者生活介護
 福祉用具レンタル・購入等
  福祉用具(ベッド・車椅子・歩行器など)の貸与
  特定福祉用具購入費の支給
  住宅改修費の支給

・施設サービス
 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 介護老人保健施設(老人保健施設)
 介護療養型医療施設(療養病床等)

・地域密着サービス
 夜間対応型訪問介護
 認知症対応型通所介護
 小規模多機能型居宅介護
 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

・ケアプラン作成
 居宅介護支援事業所で相談
 居宅介護支援(ケアマネジメント)

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 17:46 | Comment(0) | 社会医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

身体障害 等級

身体障害の等級の
分類の基準はどこにあるのでしょうか?

研修医くんが困っていました。

各都道府県にもあるはずです。

例えば大阪府では

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/5070/00017344/5%20shitaifujiyuu.pdf

に分類基準が一覧とともに記載されています。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

地域医療の崩壊 地域の崩壊

地域医療の崩壊が叫ばれて久しいです。
地域医療構想とか
地域包括ケアシステムとか
多くのことが考えられています。

今日は地域医療の先生と
お話しする機会をいただきました。

地域医療が傾いていることはもちろんですが、
むしろ人が少なくなってい
地域そのものの崩壊が
最も大きな問題点であるということでした。

確かに!!!
目から鱗でした。

私は社会学者ではないし
政治家でもありません。

何をもって地域と定義するのか、
地域の安定の基準は何か、
よく分かりません。

人口減少がなぜおこるのかも
はっきりと知りません。

経済状況なのか、
都市圏への若年者の流出なのか、
子供を持たないカップルや未婚者が多いからか。

もちろんそのための解決策は出ませんでしたが
でも聞けて良かったなと思います。

『地域が壊れている。』

本当にぞっとしました。

医療は社会の為にある。
医療技術だけ見てれば良いという
ものでもないですね。

いろいろ課題が見えました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち