お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年02月11日

血栓傾向

血栓傾向については
血栓性脳梗塞の時に
検討すべき事項だと思います。

 脱水症
 多血症
 肥満
 妊娠
 骨折
 手術
 下肢の麻痺
 長期臥床
 ロングフライト
 癌
 心不全
 ネフローゼ
 ピル
 APS
 TTP
 ホモシステイン血症
 アンチトロンビン欠損症
 プロテインC欠損症
 プロテインS欠損症

といった原因がないかを
いしたんであれば一度は検索しています。
参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:08 | Comment(0) | 卒中科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

MLF症候群

MLF症候群は別名
medial longitudinal fasciculus syndrome、
内側縦束症候群、
核間麻痺、
核間性眼筋麻痺、
などとも呼ばれている
複視をきたす疾患の一つです。

脳幹部の橋〜中脳の高さにある
内側縦束(MLF)の障害が病態です。

病巣側の内転障害
反対側の外転時の単眼性眼振
輻輳時は内転可能
といった特徴的な身体所見がみられます。

原因としては、、、

片側性
 脳血管障害

両側性
 梅毒
 MS

アーノルド-キアリ奇形
ライム病
腫瘍
頭部外傷
栄養障害
 ウェルニッケ脳症
 悪性貧血
薬物中毒
 三環系抗うつ薬
 オピオイド

などがあります。

というわけで脳血管障害の
可能性がありますので
見つけたらちゃんと精査をしましょう

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 15:38 | Comment(0) | 卒中科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

くも膜下出血

くも膜下出血(SAH)は誤診が多く
いろいろな判例もあります。

特に症状が軽い は風邪、片頭痛、
高血圧性脳症などと
診断されてしまうことも多いようです。

しっかりと診断できるように
なりたいものです。

急性頭痛からSAHを同定するためのツールに
オタワのSAHルールがあります。
(JAMA. 2013 Sep 25;310(12):1248-55.)

 適応
  15歳以上
  非外傷性の新しく、ひどく、1時間以内に最高の強さ
  神経所見なし
  脳動脈瘤やSAH、脳腫瘍、繰り返す頭痛の既往なし
 判断
  @40歳以上
  A頸部痛か項部硬直
  B意識消失の目撃
  C労作時に発症
  Dただちに最大となる電撃様頭痛
  E顎を胸につけられないor臥位で8cm以上頭をあげられない
  >>>以上の1以上該当すれば要精査

ということです。
急性頭痛ではオタワのSAHルールを
確認したいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 09:24 | Comment(0) | 卒中科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち