お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年09月17日

皮下脂肪織炎

皮下脂肪織炎とは脂肪織に
炎症が起こる疾患です。

表面が紅色または常色の皮下硬結、
疼痛や圧痛といった症状が見られます。

重要なのは皮膚生検でこの所見で
色々な原因を鑑別していきます。
いわゆるAckermanのアルゴリズムですね。

隔壁に炎症の首座あり
 血管炎あり
  小血管
   白血球破砕性血管炎
  大血管(静脈)
   血栓性静脈炎
  大血管(動脈)
   結節性多発動脈炎
 血管炎なし
  リンパ球と形質細胞主体、肉芽腫形成なし
   限局性強皮症
  リンパ球と形質細胞が小静脈周囲に浸潤、組織球が真皮抗原線維と脂肪隔壁に浸潤、肉芽腫形成あり
   リポイド類壊死症
  組織球主体、リンパ球と好酸球を含む浸潤(好中球は早期のみ)
   結節性紅斑
  皮下環状肉芽腫
  皮下型スウィート病
  リベド血管症

脂肪小葉に炎症の首座あり
 血管炎あり
  小血管
   らい性結節性紅斑
  大血管(静脈)
   クローン病
  大血管(動脈)
   硬結性紅斑
 血管炎なし
  炎症細胞なし、隔壁と小葉の硬化を伴う
   hypodermatitis sclerodermiformis (lipodermatosclerosis,sclerosing panniculitis)
  炎症細胞なし、脂肪細胞内に針状血漿様の裂隙を伴う
   新生児皮下脂肪壊死症
  小葉辺縁にリンパ球主体の浸潤
   寒冷脂肪織炎
  リンパ球異型あり
   悪性リンパ腫
    菌状息肉腫
    皮下脂肪織炎様T細胞性リンパ腫(subcutaneous panniculitis-like t-cell lymphoma)
  組織球、血球貪食を伴う
   細胞貪食組織球性脂肪織炎
    cytophagic histiocytic panniculitis
    組織で血球貪食をした組織球を伴うのが特徴
    再発性の皮下結節、発熱、肝機能障害
  リンパ球、形質細胞浸潤、リンパ球の核塵を伴う
   深在性エリテマトーデス(SLE)
  リンパ球、組織球、形質細胞浸潤
   皮膚筋炎
  好中球主体の浸潤
   膵炎に伴う脂肪織炎
   α1-アンチトリプシン欠乏症による脂肪織炎
   外傷性脂肪織炎
   細菌感染症
   人工的脂肪織炎:異物あり
  好中球と組織球主体の浸潤
   抗酸菌感染症
   深在性真菌症
   寄生虫
  組織球が主体の浸潤で肉芽腫あり
   サルコイドーシス
   外傷性脂肪壊死
   脂肪萎縮症(リポジストロフィー)
   皮下結節性脂肪壊死症
   ステロイド後脂肪織炎
   痛風に伴う脂肪織炎
   皮下型環状肉芽腫
   リウマチ結節
   類壊死性黄色肉芽腫(necrobiotic xanthogranuloma)
  隔壁の硬化を伴う
   postirradiation pseudosclerodermatous panniculitis

なかなか多くはない疾患ですが
色々やばい病気もありますから
きちんと鑑別できるようになりたいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 11:00 | Comment(0) | 皮膚科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

うっ滞性症候群

うっ滞性症候群は下肢の静脈鬱滞により
静脈圧上昇が上昇して以下のような
障害をきたす疾患です。

静脈瘤
皮膚障害
 皮膚炎(うっ滞性皮膚炎)
 紫斑
 色素沈着
 白色萎縮
 下腿潰瘍
 脂肪織炎(うっ滞性脂肪織炎)
 皮膚硬化
下腿浮腫
下肢倦怠感

循環が滞るだけで潰瘍になるとか
結構凄いですよね。。。

研修医くんが驚いていました。

治療としては下肢の安静、挙上、
圧迫療法(弾性ストッキング、包帯)の
三本柱が基本です。

保存的加療の上で改善しない場合に、
外科的治療、血管内レーザー治療、
血管内高周波治療などを検討しましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:46 | Comment(0) | 皮膚科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月26日

神経皮膚症候群

神経皮膚症候群とは神経の症状と
皮膚症状が出現する症候群のことです。

発生を考えると神経系も皮膚も
同じ外胚葉に由来するので
そんな症候群もあって良いよねと理解できます。

様々な疾患が神経皮膚症候群に含まれます。
以下に代表的な疾患を並べます。

結節性硬化症
神経線維腫症1型、2型
フォンヒッペルリンドウ病
基底細胞母斑症候群
遺伝性出血性毛細血管拡張症
カウデン病
ポイツジェガース症候群
ガードナー症候群
色素失調症
スタージ・ウェバー症候群
Klippel-Trenaunay症候群
先天性血管拡張性大理石様皮斑
青色ゴム乳首様母斑症候群
Muffucci症候群
神経皮膚黒色症

とりあえず色々な種類の病気が含まれる
症候群があるんだなーと知ることから始めましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:43 | Comment(0) | 皮膚科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち