お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年09月21日

母子感染

母子感染は母体から子どもにうつる
感染症で大きく3つの感染経路があります。

胎内感染、産道感染、経母乳感染です。

それぞれの経路で注意すべき病原体の種類を
覚えておくことが必要です。

<胎内感染>

TORCH症候群
 トキソプラズマ
 梅毒
 風疹
 CMV
 ヘルペス
先天性水痘症候群(VZV)
HPV B19
HIV
先天性カンジダ症

=====================

<産道感染>

■原因
クラミジアトラコマティス
HBV(B型肝炎)
HSV-1、HSV-2
HIV
新生児敗血症性髄膜炎
 GBS
 リステリア
 腸内細菌(GNR)
遅発性細菌性髄膜炎
 コアグラーゼ陰性ブドウ球菌
 エンテロバクター

=====================

<経母乳感染>

■原因
HTLV-1
HIV

ひとまずざっと上記の疾患は
知っておきたいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:09 | Comment(0) | 産婦人科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

コルヒチン

コルヒチンって妊娠中はやめるべきですか?

レジデントくんが相談にやってきました。
妊娠希望のベーチェット病の患者さんで
コルヒチンを飲んでかなりコントロールがいいので、
やめるべきかどうすべきかと悩んでいるようでした。

確かに日本の添付文書を見ると
禁忌と記載されていますから
投与するのもちょっと嫌ですよね。

でもこの禁忌の根拠はどうなのでしょうか?
これは妊婦に対して禁忌になっている
コルヒチン以外の多くの薬でも同じで、
ちゃんと見直していくべきことと最近は言われています。

https://ra-ibd-sle-pregnancy.org/doctor_toward/d-009.html

上記膠原病関連の妊娠や出産についての
ホームページではコルヒチンの催奇形性や
胎児毒性は否定的であるとされています。

ということで、もちろんICの上ですが継続でいいと思います。

他の病気、色々な薬の妊娠への影響を確認するなら
薬物治療コンサルテーション 妊娠と授乳
とてもいいと思いますので
一冊は手元に持っておきたいですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:26 | Comment(0) | 産婦人科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

妊娠 食事

妊娠したら食事について
どんな注意点がありますか?

患者さんに外来で質問されました。

・・・ん??汗
正直よく知らない。。。
ひとまず不勉強を陳謝して
外来は終了としました。

くやしいので調べたことを
メモしておきます!

  ●避けるべき
   水銀が含まれている魚(遠洋魚)
    メバチ、クロマグロ、金目鯛

   刺身・生牡蠣
    アニサキス、腸炎ビブリオ、ノロウイルスの心配があるため米国・英国などで禁止

   輸入乳製品の生食
    リステリア感染症の可能性のため
    ナチュラルチーズ

   生ハム、パテ、ミートローフ、スモークサーモンなど
    リステリア感染症の可能性のため

   生卵
    サルモネラ感染のため

   生肉
    トキソプラズマ感染のため

   未殺菌の牛乳

  ●推奨
   魚(上記は除く)
    ω3脂肪酸など胎児の神経発達に重要な成分が多いため
    ツナ缶、キハダマグロ、ビンナガマグロ、メジマグロなどは心配なし

   プロセスチーズはOK

ということなのだそうです。
厚生労働省の妊娠中と産後の食事についても
参考にしてください。

次回外来で患者さんにお伝えします。

元気な子どもを産んでください。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:妊娠 食事 注意
posted by いしたん at 23:40 | Comment(0) | 産婦人科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち