お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年01月30日

患者紹介

患者紹介の季節になりましたね。

年度変わりにむけて多くのドクターが
患者さんの紹介状やサマリー作成に追われる時期です。

紹介状の書き方はもちろん大事ですが、
基本的に外来カルテ
サマリを貼り付けて過不足ない情報を
添付すればいいと思っています。

医者としてもっと大事なのは
患者さんへの伝え方かと思います。

長いことこの病院にお世話になってきたのに!
一生この病院に面倒見てもらうつもりだったのに。
ここに命を預けてきたんや。
もう30年くらい通っているんだから嫌だ。

そんなことを仰る患者さんは少なくはありません。
しかし地域の中核病院で高血圧だけとか、
10年以上薬が変わることなく落ち着いている人とか、
そういった患者さんに医療資源を裂けられません。

ということでいしたんは正直にこう伝えています。

「〇〇さんからこちらにいらっしゃりたいと
 仰っていただけて大変ありがたいです。

 しかし我々は経営者ではないんです。
 自分の病院の利益だけを考えていれば良い訳ではない。
 公的な医療資源をどのように適切に配分するか考え、
 また地域の中で果たすべき役割分担があります。

 地域の中核病院ですからここでしかできないことに
 時間を割きたいと思っています。
 ここでなくてもできることは他の病院・クリニックで
 対応していただきたいと思います。

 新しく困った方を受け入れるためには
 落ち着いた患者さんに卒業していただく必要があります。
 実際〇〇さんが最初にここにいらっしゃれたのも
 他の方が席を開けてくださったからです。

 こちらの事情で大変申し訳ないのですが、
 〇〇さんは非常に落ち着いているので、
 卒業していただきたいです。
 また病気が再燃するなどあればお越しください。」

参考になれば幸いです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:00 | Comment(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

比較的徐脈

比較的徐脈は診断に困った
不明熱の原因を推定する時に
とても有用なことがあります。

バイタルを評価するという
身体診察の基本中の基本ですから、
しっかりと覚えておきましょう。

1℃でHR 15回↑が普通ですが、
そこまで上がらないのが比較的徐脈です。
心拍数 < 体温℃ × 10 - 323とも。

鑑別としては、、、

  中枢神経感染症:脳圧亢進のため
   脳膿瘍
   髄膜炎
  房室ブロック
  ペースメーカー装着
  β blocker
  Caブロッカー
  腸チフス
  ブルセラ症
  レプトスピラ
  サルモネラ
  マラリア
  オウム病
  薬剤熱
  詐熱
  嫌気性菌
  DM
  伝染性単核球症
  流行性耳下腺炎
  デング熱
  非定型肺炎
   レジオネラ

です(・ω・)b

お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:27 | Comment(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

廃用症候群

廃用症候群でなかなか歩けていません。
リハビリが必要かと思います。

レジデントの先生が病棟カンファで
ある患者さんのプレゼンをしていました。

「で、筋力以外の症状はどうなの?」

上級医が質問すると、、、

『筋力低下が廃用症候群ではないのでしょうか?』

とのことでした。

確かに筋力低下、ADL低下ということが
廃用症候群の代表的な症状ですよね。
ただし筋肉だけではなく以下のように
様々な臓器に影響がでます。
だから"症候群"なんですよ。

皮膚
 縟創
 皮膚萎縮
筋骨格系
 筋萎縮
  遅筋線維優位におこる
   →持久力がなくなる
 筋力低下
 関節拘縮
  滑膜の癒着や軟骨の圧迫壊死のため
 骨萎縮・骨粗鬆症
心血管系
 起立性低血圧
  神経系の変化も一つの病態か
 血漿量減少
 血栓塞栓発生
 心予備力低下
 フィットネス低下
呼吸器系
 機械的呼吸抵抗の増大
 換気拡散比の不均一化
 1回・分時換気量減少
 肺塞栓
 気管線毛活動低下
 沈下性肺炎
泌尿器系
 尿結石
 排尿困難
 尿閉
 尿路感染症
無機質代謝
 N、Ca、P、S、K、Naなどの負平衡
 利尿と細胞外液増加
 高Ca尿症
内分泌系
 アンドロゲン・精子生成減少
 耐糖能障害
 副甲状腺ホルモン産生減少
消化器系
 食欲減退
 消化管粘膜萎縮
 食事性低蛋白血症
 便秘
神経系
 感覚障害
 錯乱・失見当識
 不安・うつ状態
 知的能力減退
 平衡・協調運動障害

全身を評価することを心がけて下さい。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:13 | Comment(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち