お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2022年09月23日

尿酸降下薬

尿酸降下薬はドチヌラドが登場して、
高尿酸血症 薬の頃から
使い分けの方法が変わりました。



高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版 2022年追補版

が作成されたのもそれが一つの理由だと言われています。

ということで2022年現在の尿酸降下薬の分類と
含まれる薬の種類を押さえておきましょう。

尿酸生成抑制薬
 プリン型キサンチン酸化還元酵素阻害薬
  アロプリノール(サロベール・アロシトール・リボール・ザイロリック、アリスメット)
 非プリン型キサンチン酸化還元酵素阻害薬
  フェブキソスタット(フェブリク)
  トピロキソスタット(ウリアデック、トピロリック)

尿酸排泄促進薬
 非選択的尿酸再吸収阻害薬
  プロベネシド(ベネシッド)
  ベンズブロマロン(ユリノーム)
  ブコローム(パラミヂン)
 選択的尿酸再吸収阻害薬(
  ドチヌラド(ユリス)

尿酸分解酵素薬
 ラスブリカーゼ(ラスリテック)

+αとして、、、

酸性尿改善薬(尿アルカリ化薬)
 クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム水和物配合剤(ウラリット)

です!
参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 05:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月15日

悪液質

悪液質とは悪性腫瘍により、
著しい筋肉減少、体重減少、
抵抗性の栄養障害、食欲不振、
全身倦怠感といった症状をきたす
腫瘍随伴症候群の一つです。

昔は?悪液質の治療といえば
ステロイドくらいしかなかったのですが、
これも副作用があるため
比較的良好な全身状態が保たれていて
月単位の予後が見込まれる段階で
開始するといったものでした。

ですから相当進むまでは仕方ない
という病気だったと思いますが、
最近?グレリン様作用薬の
アナモレリン(商品:エドルミズ(Adlumiz))が
発売されましたね。

グレリン受容体GHS-R1aを通して
視床下部を刺激して食欲の亢進や
脳下垂体からの成長ホルモンの放出し
筋肉量増加をもたらすとされます。

非小細胞肺癌による悪液質が報告され、
Cancer. 2018 Feb 1;124(3):606-616.
胃癌、膵癌、大腸癌などに広がってきています。
Cancer . 2019 Dec 1;125(23):4294-4302.

食べられるようになって
少しでも楽に過ごしてもらえれば。
新しい治療はワクワクしますね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月11日

壊血病

壊血病(scurvy)は出血傾向をきたす疾患です。

今の時代、壊血病を実際に見たことがある先生は
かなり珍しいと思いますが、
ワンピースのヨサクが患っていたので、
結構有名な病気だと思います。笑



ビタミンCはプロリンの
ヒドロキシル化を促進する機能を担います。
つまりIII型、IV型コラーゲンの合成に
重要ということですね。

ビタミンCは健常人の体内に
約1500 mgの貯蔵されていますが、
特異なダイエットを行う人や
クローン病など腸からの吸収障害にて
貯蔵量が300 mg以下になると
壊血病を発症すると言われています。

症状としては出血傾向で
紫斑、歯肉出血、骨膜下出血、
筋肉内出血などを来します。

他にも全身倦怠感、食欲低下、
関節痛、体重減少といった症状を来します。

治療はもちろんビタミンCです。
成人では500–1000 mg/day、
乳幼児、小児では100–200 mg/dayと言われています。

参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち