お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年01月20日

造影剤

造影剤ってどんなものがあるんですか?

と看護師さんがふと病棟で
質問してきました。

・・・ヨード造影剤とバリウムと
ガストログラフィンがあるで。汗

聞かれてみるとそんなこと
全く考えたこともありませんでした。恥
ということで調べてみました。
造影剤の一覧です。

X線造影剤
 陽性造影剤
  ヨード造影剤
   注射剤
    水溶性
     イオン性
      モノマー型
       アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン
       イオタラム酸ナトリウム
       イオタラム酸メグルミン
      ダイマー型
       イオキサグル酸
       イオトロクス酸メグルミン
     非イオン性
      モノマー型
       低浸透圧造影剤
        イオパミドール・iopamidol
       イオメプロール
       イオキシラン
       イオベルソール
       イオヘキソール
       イオプロミド
      ダイマー型
       イオトロラン
       等浸透圧
        イオジキサノール・iodixanol
    油性
     ヨード化ケシ油脂肪酸エチルエステル
   経口剤
    アミドトリゾ酸ナトリウムメグルミン
  硫酸バリウム
 陰性造影剤
  空気
  CO2
  O2

MRI造影剤
 陽性造影剤
  注射剤(ガドリニウム造影剤)
   ガドキセト酸ナトリウム
   ガドジアミド水和物
   ガドテリドール
   ガドテル酸メグルミン
   ガドペンテト酸メグルミン
  経口剤
   クエン酸鉄アンモニウム
 陰性造影剤
  注射剤
   フェルカルボトラン
  経口剤
   塩化マンガン四水和物

超音波造影剤
 注射剤
  ガラクトース・パルミチン酸混合物
  ペルフルブタン

ヨード造影剤といっても
こんなに沢山の種類があるんですね。
そしてガドリニウム造影剤も
これほどあるとはびっくりしました。

研修医くんもまずはこんなにあるんだ!と
一緒に驚いてみませんか?笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:27 | Comment(0) | 放射線科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

副腎腫瘍

副腎腫瘍があると見つかった場合は
CT値でざっくりと鑑別を
絞れることが多いと思います。

脂肪含量が多いものはCT検査では
低吸収域となります。
具体的にはCT値10未満では、
 副腎腺腫:副腎皮質腫瘍の大半
  原発性アルドステロン症(アルドステロン産生腫瘍):腫瘍径 10 mm以下が多い
  クッシング症候群(コルチゾール産生腫瘍):腫瘍径 2−3 cmが多い
 骨髄脂肪腫
 漿液性嚢胞
といった副腎腫瘍があがってきます。

脂肪含量が少ないものでは
CTでは高吸収域となります。
とはいっても副腎と同程度な印象ですが。。。
CT値20以上では、
 副腎皮質癌
 転移性悪性腫瘍
 褐色細胞腫:腫瘍径 4 cm以上が多い
といった疾患を考えていくことが多いです。

CTを見るときに副腎腫瘤は意外と
見落とされやすいです。
副腎をしっかりと評価する癖をつけましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:59 | Comment(0) | 放射線科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

放射線科医

放射線科医と消化器科医の
夫婦と飲み会でした♫

医者同士の結婚は本当に
一番多い組み合わせです。

さてさて。

新婚生活はどうよ?

ということから話が進み、、、

詰まるところ放射線科医の夫の生活が
毎日変わりなさすぎて
ボケるのではないかと
心配なんだとの奥さんでした。

患者さんと直に触れ合う科であれば
こんな患者さんが来たよとか
こういう家族が本当に困るとか
色々な事件が起こります。

奥さんは仕事が終わって家に帰ったら
その日の出来事を沢山話したいそうです。

一方、放射線科医の彼は
画像診断が専門です。
コーヒーを飲みながら
一日中暗めの部屋でパソコンに向かいながら
CTやMRI、RI検査の読影をする仕事です。

そんなもん生活が変わるわけないじゃん。
それに画像を詳細に読んでるのでボケません。
最後に家では話聞く方が好きだし。
というのが彼の言い分。

医者は本当に色々な仕事がありますからね。

それぞれ好きだなと思った
ライフスタイルの科を選んだのだから、
ま、いいじゃないですか。

仲良くね♫


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:08 | Comment(0) | 放射線科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち