お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年05月27日

放射線 被曝

放射線の被曝については
医療者は放射線をよく使うので
しっかりと知っておきたいものです。

人体への影響については
線量に応じて確率はあがるが症状は同じ
「確率的影響」と
線量に応じて症状が重くなる
「確定的影響」があります。

簡単にいうと確率的影響は
成人では癌のことで、
確定的影響はそれ以外のことです。

被曝線量については
程度を掴んでおくことが重要です。
少しでも被曝したら即アウトではありません。

2 mSv/年以下は自然放射線に
晒されているレベルですので、
問題ないと思います。

100 mSv/5年は確定的影響が起こらず、
確率的影響が容認レベルだそうです。

100 mSvでは5人/1000人程度の癌が増えるようですが、
自然癌死亡率は300人/1000人ですし、
日本の中でも住んでいる都道府県が違うだけで
5人以上の差が出たりします。

つまり自然発生のばらつきに埋もれて
放射線が原因かは判断できないレベルということです。
なので、100 mSv以下を低線量域といいます。

これが放射線従事者の許容線量となっています。
つまり、ま、いっか〜というレベルでしょうか。笑

1000 mGyからはやばいと思ってください。
確定的影響が出てくるレベルです。
自覚症状も出てきます。

4000 mGyでは50%が死亡し、
8000 mGyでは100%が死亡するそうです。

こういう線量についての感覚があれば
パニックになることは少ないかと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:26 | Comment(0) | 放射線科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

放射線 単位

放射線については単位が
Sv、Gy、Bq、R、Rem、C/kg、
eV/μm、eV、Ci、radなど様々あって
混乱してしまう研修医くんも
少なくないと思います。

そんな中でまず覚えておくべき単位としては、
Sv、Gy、Bqだと思います。

まずはBq(ベクレル、べくれる)です。
定義は1秒間に崩壊する原子の個数(個/秒)です。
放射能の単位とも言えますね。

では放射線が一体どのくらいの
影響を生体に与えるのかを表すのが、
Gy(グレイ、ぐれい)です。
つまり吸収線量の単位です。

Gyの定義は物質に与えられた
エネルギー量(J/kg)です。

Sv(シーベルト、しーべると、等価線量、実効線量)は
生物学的影響の大きさ(J/kg)と定義されますが、
単位を見比べてみるとわかると思いますが、
Gyと同じです。

ある放射線が照射されて
同じエネルギーを与えたとしても
その生物学的影響は同じとは限りません。
電離密度が違うためです。

X線・γ線では1Gy = 1Svと換算しますが、
α線では1 Gyでも20 Svと換算します。
アルファ線は破壊力がすごいからです。

同じ力で叩くとしても、
広い面積(手のひら)で叩くのと、
狭い面積(鋭利な刃物)で刺すのとでは、
全く違うということに似ていると思います。

ヒトの放射線防護の目的で使うのはSvです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:15 | Comment(0) | 放射線科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

線量計

線量計は放射線の測定器ですが、
それぞれの放射線で使用すべき
線量計が違うということを知らない
研修医くんは意外と多い印象です。

先日の放射線の講義のときに
素朴な疑問として研修医くんが
こんなことを質問してきました。

「被曝について勉強になります。
 質問ですがガラスバッジをつければ、
 原発事故のところでどのくらい被曝しているか
 わかるんじゃないでしょうか」

なるほど。。。

例えばβ線をみるときには
GMカウンターとかガイガーミラーカウンターと
言われるものを使用します。



放射線測定器 ガイガーカウンター RADEX RD1503

こんなやつですね。



放射線量計 ガイガーカウンター腕時計 放射線測定器 プロガンマーマスター2 PRO GAMMER MASTER2 USB赤外IRアダプター付

こんな面白い形のものもあります。

で、X線、γ線を測定したいのなら、
ガンマサーベイメーターが必要です。

中性子線をみたいなら
中性子用サーベイメータが必要です。

複数の放射線に対応した機種もあります。



放射線測定器 SOEKS 01-M

しかしまずはそれぞれの放射線で
必要な線量計が違うということから
押さえておきましょう。

というわけで病院でつけている
ルミネスバッジをつけていれば
福島の原発事故のところでの
放射線量が全てわかるわけではないのです。

なぜならそのルミネスバッジは
X線しか測定できません。

そして東日本大震災で最も問題なのは
セシウム137というβ線、γ線を出す放射性物質と、
放水するか議論になっている
弱いβ線を出すトリチウム水だからです。

β線はガラスバッジでは測定できません。

参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:19 | Comment(0) | 放射線科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち