お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2022年08月29日

線維筋痛症

線維筋痛症は全身の強い痛みを
主訴とする疾患です。
2017年レディーガガが罹患を告白したため
非常に有名になりましたね。

不眠や抑うつなど精神症状を伴うため
身体科と精神科の協力が必要です。

心療内科の先生に言わせれば
心療内科の真髄のような疾患なのだそうです。

診断基準はどんどん更新されています。

ACR 1990年の線維筋痛症の
分類基準が始まりですが
2010年のACR診断予備基準や
2019年のFDAの診断基準などあります。

今回は2010年のACR診断予備基準
(preliminary diagnostic criteria)を記載します。
Arthritis Care Res (Hoboken) . 2010 May;62(5):600-10.

@広汎性疼痛指数(widespread pain index, WPI)と症状の重症度(symptom severity, SS)スコア
 WPI(0–19):過去1週間以上にわたり痛みが続く部位の数
  顎:左、右
  頚部
  胸部
  腹部
  上背部
  下背部
  腰部(臀部や大転子):左、右
  肩:左、右
  上腕:左、右
  前腕:左、右
  大腿:左、右
  下腿:左、右
 SS(0–12)
  疲労感(fatigue):過去1週間の重症度をつける
   問題なし(0)、やや問題あり・ゆるやかで一時的(1)、かなり問題あり・しばしば現れ中くらいの程度(2)、ひどい・広範囲で持続的で生活上の問題が生じる(3)
  起床時にスッキリしない感じ(waking unrefreshed):過去1週間の重症度をつける
   問題なし(0)、やや問題あり・ゆるやかで一時的(1)、かなり問題あり・しばしば現れ中くらいの程度(2)、ひどい・広範囲で持続的で生活上の問題が生じる(3)
  認知症状(cognitive symptoms):過去1週間の重症度をつける
   問題なし(0)、やや問題あり・ゆるやかで一時的(1)、かなり問題あり・しばしば現れ中くらいの程度(2)、ひどい・広範囲で持続的で生活上の問題が生じる(3)
  一般的な身体症状(somatic symptoms in general)
   慢性的な頭痛、易疲労感、過敏性胃腸障害、月経関連障害、めまい、耳鳴り、排尿障害など
   症状なし(0)、2–3の症状あり(1)、中等度の症状あり(2)、多数の症状あり(3)
 →
 WPI ≧ 7カ所 + SS ≧ 5
 もしくは
 WPI 3–6カ所 + SS ≧ 9
A症状が3カ月以上持続
Bその他疾患の除外
>>>
3つ該当→線維筋痛症と診断

お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月05日

睡眠時間

睡眠時間って歳とると短くなるものよね。

そんなもんだよなーと何となく思っていましたが
患者さんにそんなことを言われたので調べてみると
健康な人での睡眠を解析した研究がありました。
Sleep . 2004 Nov 1;27(7):1255-73.

これは1960年から2003年までの論文のメタ解析です。

65研究の5歳から102歳までの
3577人が解析に含まれています。
102歳ってハンパないですね。笑

25歳で7時間、45歳で6.5時間、65歳で6時間と
年齢とともに睡眠時間は減ることは本当のようで、
レム睡眠が加齢とともに減るようです。

そんな感じだよなーということを
きちんと確認していくことは
大切だなーと思いました。

で、何よりこの論文を紹介したくなったのは、
その筆頭著者がMaurice M Ohayon先生だからです。
おはよん先生が睡眠の研究って。。。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 11:56 | Comment(0) | 精神科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月28日

うつ病

うつ病は様々な症状を呈します。
生涯有病率5–15%と言われています。
一般内科に最初に受診することも少なくないので
しっかりと確認しておきましょう。

気分障害
 抑鬱気分
 悲哀感
 寂しさ
 不安、焦燥感
 日内変動
  朝に抑うつが強く夕方は軽快する
 劣等感
 悲観的
 絶望
 児童思春期の場合は易怒的な気分のことも

意欲障害
 興味・喜びの低下(失快感)
 意欲・行動の抑制・制止
 寡言、寡動
 昏迷
 徘徊、まとわりつき
 人嫌い
 自殺
  鬱病全体の2%
  鬱病で入院歴がある人の4%
  鬱病で自殺念慮・企図のエピソードでの入院歴ありの9%
  自殺の1/3が鬱病だったと推定されている
  うつ病の極期・回復期に多い

思考障害
 思考の流れ・形式の障害(考路障害)
  思考制止(思考の進みが遅延する)
   手順がまとまらない
  着想の乏しさ
  判断力・決断力の低下
 思考内容の障害:悲観的、絶望的、心気的、自責的に傾く
  微小妄想
   心気妄想
   貧困妄想
   罪業妄想
   虚無
   否定妄想
  懺悔
  自責
  仮性認知症

身体症状
 倦怠感
 不眠症(早朝覚醒)、過眠
 頭痛、頭重感
 食欲低下、増進
 上腹部不快感
 口渇
 便秘
 やせ
 性欲減退
 月経不順
 痺れ
 痛み

疑ったらうつ病のスクリーニング検査である
SIGECAPSをやって診断していきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:05 | Comment(0) | 精神科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち