お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年03月16日

介護用品

介護用品や自助具は必要になった時は
色々な種類を緊急に揃える必要があり
かなり大変です。

高齢者では介護保険が使えるので、
色々と補助も出ます。
詳しいケアマネさんからも
情報を貰えます。

しかし若年で疾患を発症した場合で、
それが難病指定されていない場合は、
なかなか情報も少なく費用も嵩みます。

例えば大阪府で展示場にいくならば
 大阪府介護情報・研修センター 福祉用具常設展示場
 ノダ 大阪ショールーム「快住ラボ」
 ATCエイジレスセンター
 福祉用具展示コーナー
などに足を運んでみるといいでしょう。

しかし最初は病気のことも色々と大変で
そんな暇はないかもしれません。

患者さんやご家族からネットで
買えるところはないのか!?
と聞かれることがあります。

そんな時は自分は



福祉・介護用品 ゆいさんとか、



介護ショップ ちとせさんとか、

通販で対応できるお店をお伝えしています。

他に安いお店などご存知の方がいれば
是非教えてください!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 09:43 | Comment(0) | 在宅医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

待機高齢者

待機高齢者の問題は本当に重大な問題です。
老人ホームに入りたくても
入れない高齢者がとても沢山いるのです。
具体的な人数は厚労省を参照してください。

都市部ではこういう状況はビジネスチャンス
という捉え方になるのでしょうか。
最近では特別養護老人ホーム、介護施設などが
乱立していることからもわかります。

しかし田舎はとても深刻なのです。

若者がいないためにそういう施設を作っても
働き手がいないのです。
だから福祉施設や保健施設などを
作ろうとしても成り立たない。

だから、500人待ちですといわれてしまう
高齢者が沢山いらっしゃいます。

じゃあ介護サービスを使えばいいじゃないか
という人もいるかもしれませんが、
この地域には「そういうサービスがない」というのも
同様の問題で発生しています。

地域医療は崩壊しているが、地域の崩壊の方が危機的だ

ということを実感します。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:49 | Comment(0) | 在宅医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

高齢者 わがまま

高齢者のわがままが本当に大変です。
どんな対処がいいか困ってしまいます。

あるご家族が仰っていました。

お嫁さんが夜勤を終えて帰宅しても
何を寝ているんだ!とお爺ちゃんが
叱りつけてくるそうです。

他にも思い通りにならない場合に
お嫁さんに辛く当たるようでした。

お嫁さんがまるで自分専用の女中であると
言わんばかりの対応に困っているようです。

お嫁さんには兄弟がいますが、
故郷から離れていて我関せずなのだそうです。

そんなお嫁さんも体を悪くしてしまい、
今までの環境を変えざるを得なくなりました。
それでもお爺ちゃんは今のままでいることを
強く主張して聞く耳を持たない状況でした。

誰かに皺寄せが偏りすぎるような介護は
どうにかしないといけませんね。

しかし、僕には介護サービスの導入くらいしか
助言ができませんでした。
今後も考え続けていかなければと思います。

何かご助言があればコメントお願いします。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 17:33 | Comment(3) | 在宅医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち