お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年12月25日

コウノドリ

コウノドリはとてもよかったです。
キャストもストーリーもとても好きでした。



特に最終回はとてもジーンと来ました。

「オランダへ、ようこそ」という詩は
とても感動しました。

ダウン症の子供を持った方の
母親が書いた詩だそうです。

思っていたのと違う現実が待っていた。
そんなことは人生では珍しくはないものです。

特に我々のような仕事をしていれば
怪我や病気で思っていた場所には行けなかったとか
別の場所に立っていたとか
そんな話は日常的に接すると思います。

医療者自身の人生だってそうでしょう。

研修医くん達も必ずしも
第一志望の病院に入れるわけではない、

皆んな夢を叶えてやりたいように
できているわけではない。
やりたい仕事をやりたい場所で
やりたいようにできる先生も看護師さんも
そんなには多くないでしょう。

それでも、皆んな誰だって
その場所で生きていくものですよね。

ありきたりな感想ですが、
周りをみてゆっくりと
自分なりでいいですから
楽しんで成長して生きたいですね。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:23 | Comment(0) | 医者 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

コードブルー 整形外科

コードブルーは3rd seasonも面白かったですね。



ある整形外科のドクターは同じように
このドラマを家族で楽しんだそうです。

そして子供さんからは
「パパもそんな仕事してるんやねー」
「パパかっこいいー」
そんな言葉が。
その整形外科医は聞いて鼻高々。

しかし最終話。。。

藤川Drが冴島Nsから言われた言葉が
衝撃を与えるのでした。

「一般整形で外来をこなす日々を望んでいる?」

整形は手術が仕事だよ。。。
そんなディスらんでもええやん。。。
彼は思ったそうです。笑

「パパの仕事ってこんなにすごいことじゃないの?」

お子さんの評価はすっかり元に戻ったそうです。笑


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:05 | Comment(0) | 医者 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

医者 フェロー

医者のフェローって
どのくらいの先生のこと?

コードブルーをみていたら
家族からの素朴な質問でした。

卒後からの年数である程度
呼び名が変わります。
しかし定義はなく、
地域差、病院差もあると思います。

1、2年目は初期研修医とか、
ジュニアとか、PGY-1とか呼ばれます。

3、4、5年目は後期研修医、シニア、
レジデント、フェローなどでしょうか。

6年目以降をオーバーシニアとかスタッフとか。。。
次第に意味なんて何でも良くなる気がします。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 医者 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち