お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年09月17日

糖尿病性末梢神経障害

糖尿病性末梢神経障害は
糖尿病発症後の比較的早期から
発症すると言われています。

足壊疽や無痛性心筋梗塞などでの突然死など
不幸な転帰に繋がり得るものですから
見逃さないようにしたいものです。

ということで診断基準を
まずは確認しましょう。
国際的コンセンサスが得られたものは
確立していないようです。

  糖尿病性神経障害の簡易診断基準(糖尿病性神経障害を考える会)
   その他の末梢神経障害を否定
   >>>
   自覚症状
    両側性
    足趾〜足底のしびれ・頭痛・異常感覚
   アキレス腱反射(S1)の消失(膝立位)
   両側内踝振動覚低下(アルミ製C128音叉で10秒以下)
   >>>
   2つ以上そろえば診断
   参考事項
    神経伝導速度検査で2つ以上の神経でそれぞれ1項目以上の異常(伝導速度・振幅・潜時)が明らかなら臨床症候上で明らかな自律神経障害があれば神経障害ありとして良い

   ※問題点
    アキレス腱反射と振動覚検査は大径神経機能の評価
    →早期発見には向かない

ということで糖尿病性ポリニューロパチーの
検査と診断には音叉は必須です。笑



音叉 アルミC調(脳外科用) 128HZ


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:37 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

糖尿病性腎症 病期分類

糖尿病性腎症の病期分類が
2014年に変更されています。

これまでは1991年厚生省糖尿病研究班で作成され、
2001年糖尿病性腎症合同委員会で改訂された
病期分類が用いられていました。

 第1期(無症状)
  U-Alb/Cr -30
 第2期(微量Alb尿)
  U-Alb/Cr 30-299
 第3期A(持続性蛋白尿)
  U-Alb/Cr 300-
 第3期B(GFR低下、血圧上昇)
 第4期(腎不全)
 第5期(透析)

しかしこの病期分類はCKDステージ分類と
乖離することがあるのが問題となっていました。

そこで!!

糖尿病性腎症病期分類2014です。

 第1期(腎症前期)
  U-Alb/Cr -30 mg/gCr、eGFR 30以上
 第2期(早期腎症期)
  U-Alb/Cr 30-299 mg/gCr、eGFR 30以上
 第3期(顕性腎症期)
  U-Alb/Cr 300- mg/gCr or 蛋白尿 0.5 g/gCr以上、eGFR 30以上
 第4期(腎不全期)
  eGFR 20未満
 第5期(透析療法期)
  透析中

となっています。
色々な情報の間で矛盾なく
分かりやすいというのは
とっても大事なことですよね!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:10 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

DPP-4阻害薬 心血管イベント

DPP-4阻害薬の心血管イベント抑制については
残念ながら特に示されていません。

サキサグリプチン(オングリザ)でも
心血管イベント抑制効果はありませんでした。
(N Engl J Med. 2013 Oct 3;369(14):1317-26.)

アログリプチン(ネシーナ)でも
心血管イベントは減少しませんでした。
(N Engl J Med. 2013 Oct 3;369(14):1327-35.)

シタグリプチン(ジャヌビア、グラクティブ)では
心血管イベントが減少しませんでした。
(N Engl J Med. 2015 Jul 16;373(3):232-42.)

リナグリプチン(トラゼンタ)でも
心血管イベントは減少しませんでした。
(JAMA. 2019 Jan 1;321(1):69-79.)

上記論文は知っておいていいと思います。

リラグルチド(ビクトーザ)などの
GLP-1受容体作動薬では
CVDイベントは抑制できるのに何だか不思議ですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:49 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち