お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年04月12日

DPP-4阻害薬

DPP-4阻害薬は最近では糖尿病の治療で
とてもよく使われるようになっていますね。

どんな種類があるのか一覧です。

シタグリプチン(ジャヌビア、グラクティブ)
 50 mg/分1
 腎機能低下では使えない
 Diabetes Obes Metab. 2018 Sep;20(9):2274-2281.
  対象
   日本人新規2型糖尿病
  介入
   ジャヌビア vs ダオニール
 START-J試験(Diabetes Obes Metab. 2017 Aug;19(8):1188-1192.)
  対象
   60歳以上の2型糖尿病
  介入
   ジャヌビア vs グリメピリド
  結果
   HbA1c
    24週:-0.7(ジャヌビア) vs -0.9(グリメピリド)
    52週:-0.7(ジャヌビア) vs -0.8(グリメピリド)
    24週:-0.7(ジャヌビア) vs -0.6(グリメピリド)
 心血管イベントについては減少しない(N Engl J Med. 2015 Jul 16;373(3):232-42.)
 腎機能障害は2年間は進まない(Intern Med. 2016;55(10):1275-8.)
 配合薬
  スージャヌ(SGLT2阻害薬イプラグリフロジンと)

ビルダグリプチン(エクア)
 100 mg/分1、肝・腎障害では使えない
腎機能低下症例では25 mg/dayから開始

アログリプチン(ネシーナ)
 25 mg/分1、腎障害では減量
 配合錠
  イニシンク(メトホルミンと)
   アドヒアランス向上(Clin Ther. 2004 Dec;26(12):2066-75.)
  リオベル(ピオグリタゾンと)

テネリグリプチン(テネリア)
 20 mg/分1、J-shaped構造
 配合錠
  カナリア(カナグリフロジンと)

リナグリプチン(トラゼンタ)
 5 mg/分1、高齢者にも安心して使える
 効果がエクアやジャヌビアの0.7倍という人も
 肝臓・腎臓に関しての使用制限なし
 配合薬
  トラディアンス(エンパグリフロジンと)

アナグリプチン(スイニー)
 200 mg/分2、腎機能低下では使えない

サキサグリプチン(オングリザ)
 5 mg/分1、腎障害では減量

トレラグリプチン(ザファテック)
 構造
  アログリプチンにFを付けただけ
 週1回投与

オマリグリプチン(マリゼブ)
 週1回投与

参考になれば幸いです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 18:19 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

糖尿病性腎臓病

糖尿病性腎臓病(Diabetic Kidney disease、略語はDKD)とは、
古典的な糖尿病腎症(diabetic nephropathy、略語はDN)とは
異なる経過ではあるものの腎機能が悪化していくという
糖尿病による腎障害を表したものです。

まずはDNの典型的な経過とは、、、

 糸球体過剰濾過
 →微量アルブミン尿
 →顕性蛋白尿
 →ネフローゼ
 →GFR低下し末期腎不全

ですね。病期分類が上記に大体沿っています。

実際にどれくらいの人がDNと異なる経過なのでしょうか。

日本ではeGFR < 60 mL/分/1.73 m2の
2型DMの51.8%が正常アルブミン尿であった
という報告がなされています。
(Nephrol Dial Transplant. 2009 Apr;24(4):1212-9.)

米国では1988-2014年の26年間で
2型DMのアルブミン尿の有病率が減少したが
eGFR < 60 mL/分/1.73 m2の患者は優意に増加した
という報告もあります。
(JAMA. 2016 Aug 9;316(6):602-10.)

結構多いですよね。

糖尿病患者さんをみていく時に
アルブミン尿さえ警戒していれば
腎障害を掴めるぜ!という時代ではなくなりました。
クレアチニンのフォローをお忘れなく!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:13 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

SGLT2阻害薬 種類

SGLT2阻害薬は7種類が販売されています。
あっという間に糖尿病治療薬としては
欠かせない薬剤となりましたね。

ダパグリフロジン(フォシーガ)

エンパグリフロジン(ジャディアンス)

トホグリフロジン(アプルウェイ)

カナグリフロジン(カナグル)
 配合錠
  カナリア(DPP-4阻害薬テネリグリプチンと)

イプラグリフロジンL-プロリン(スーグラ)
 日本発のSGLT2阻害薬
 配合錠
  スージャヌ(DPP-4阻害薬シタグリプチンと)

ルセオグリフロジン(ルセフィ)

トホグリフロジン(テベルザ)

使いこなす前にまずは名前を覚えましょう。
一覧がお役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:18 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち