お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2021年10月27日

口腔所見

口腔所見に自信があまりないんですよー。

研修医くんが相談に来ました。

新型コロナウイルス感染症が流行して、
患者さんの口腔内を確認できる機会は
著しく減少しました。
これは残念ですが仕方ない状況ですね。

COVID-19が明けたら
舌所見、咽頭所見も含めて
教えてもらえる機会がないまま
レジデントになってしまうのが怖いっす。

研修医くんの悩みは当然ですね。

教科書としては咽頭所見 本がおすすめです。
成人としては口腔病理基本画像アトラスという
日本臨床口腔病理学会が作ってくれている
サイトが結構いいかなーと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:17 | Comment(0) | 耳鼻科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月01日

トーンワルト病

トーンワルト病とは上咽頭後壁に形成される
鼻咽頭嚢(トーンワルト嚢胞)という
胎生期遺残物による疾患です。

嚢胞の拡大、内容物の流出などにより
様々な症状をきたします。
ちなみに炎症をきたした場合を
狭義のトーンワルト病という場合もあります。

無症状が多いですが、
嚢胞の拡大のにより鼻閉、いびきを呈します。
耳管閉塞が起こると滲出性中耳炎に至ります。

内容物が流出する病態では
後鼻漏、口臭、異臭を呈します。

稀ですが、嚥下障害、
下部脳神経症状を呈することもあり
上咽頭癌が鑑別になることがあります。

治療は手術です。

内科としてはCT、MRIを撮像した時に
偶発的に見つかって鑑別することがあります。
耳鼻科に相談すべき疾患ですが、
内科医でも知っておいていい疾患だと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:19 | Comment(0) | 耳鼻科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

好酸球性副鼻腔炎

好酸球性副鼻腔炎(ECRS)とは
慢性副鼻腔炎の一型で、
非常に再燃率が高い疾患で、
2002年に日本から提唱され、
2015年に難病に指定されました。

にかわ状の鼻汁や嗅覚低下・嗅覚障害といった
症状が特徴的です。

診断はJESREC study(Allergy . 2015 Aug;70(8):995-1003.)に
基づいて下していきます。

両側(3)
鼻茸(2)
CTにて篩骨洞陰影(2)
血中好酸球(%)
 2< ≦5(4)
 5< ≦10(8)
 10<(10)
>>>
合計スコア≧11点で好酸球性副鼻腔炎の可能性が高い

アスピリン不耐症や気管支喘息など
合併症もとても特徴的です。

時折見かける疾患ですから、
知っておくといいと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:44 | Comment(0) | 耳鼻科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち