お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年11月29日

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎(AC)は
アレルギー性結膜疾患(ACD)の
代表的な病型です。

ACDはI型アレルギー反応が関与する
結膜の炎症性疾患で
何らかの自他覚症状を伴うもの
と定義されています。

目のかゆみが特徴的な症状で、
他には充血や眼脂といった
結膜炎に共通する症状がみられます。

検査としては結膜擦過物中好酸球検査が
確定診断となる検査ですが、
かなり手間がかかるため
実際に行われていることは少ないです。
一方で涙液IgE検査が行われることが
増えてきているようです。

実際は眼瞼結膜に濾胞、乳頭増殖があれば
診断してしまうことが多いです。

ありふれた疾患は診断までの道のりを
ある程度は知っておきたいものです。

治療はまたいずれ書きますが、
抗アレルギー点眼薬が第一選択です。
参考にどうぞ!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:06 | Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

めばちこ

めばちこができてなー。

めばちこ??
なんだそりゃ???

グーグル先生に伺ってみると
めばちことは関西の方言で
麦粒腫や霰粒腫のことだそうです。

関東ではものもらいと言いますね。

医療 方言を知ることって
その地域で医療をする上で
本当に大事なことですね〜。

今日はつぶやきです。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:41 | Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

抗アレルギー点眼薬

抗アレルギー点眼薬の一覧です。
アレルギー性結膜炎や春季カタルなど
アレルギー性結膜疾患の第一選択薬です。

いざ出せと言われた時に
意外と覚えていないことがあるので
探すのが面倒ですよね。

●ヒスタミンH1受容体拮抗薬:全て第二世代
ケトチフェンフマル酸塩(ザジテン)
レボカバスチン塩酸塩(リボスチン)
オロパタジン塩酸塩(パタノール)
エピナスチン塩酸塩(アレジオン)

●ケミカルメディエーター遊離抑制薬
クロモグリク酸Na(インタール)
アンレキサノクス(エリックス)
ペミロラストカリウム(アレギサール・ペミラストン)
トラニラスト(リザベン・トラメラス)
イブジラスト(ケタス)
アシタザノタスト水和物(ゼペリン)

お役に立てば♫

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:57 | Comment(0) | 眼科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち