お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年06月25日

神経因性膀胱

神経因性膀胱とは自律神経系の傷病により
膀胱の機能不全に陥る病気です。
神経系の広さを考えると
非常に多彩で複雑なことがわかると思います!!

というわけでこの病気は
原因を突き止めることや
膀胱内圧測定などでの
神経陰性膀胱の表現型の分類が
治療を考える上でに必須なのです。

というわけで原因について今日はまとめました。

核上型:排尿筋反射中枢の仙髄より上位の障害、痙性膀胱となる
 大脳
  脳梗塞、脳出血
  脳挫傷
  正常圧水頭症
  動脈硬化による脳血流障害
  ボケ
  血管性痴呆
  アルツハイマー病
  脳性麻痺
  パーキンソン病
  オリーブ・橋・小脳変性症
  眼科・耳鼻科手術後
 脊髄
  脊髄外傷
  脊髄卒中
  細菌性髄膜炎
  HAM
  脊髄腫瘍
  多発性硬化症

核型・核下型:排尿筋反射中枢の仙髄と骨盤神経繊維の障害、弛緩膀胱となる
 骨盤神経機能障害
  糖尿病性神経症
  陰部ヘルペス
  多発性神経炎
  ポリオ
  抗コリン薬
  子宮癌・直腸癌根治術後
  二分脊椎・脊椎破裂・髄膜瘤
  馬尾神経障害
   腰椎椎間板ヘルニア
  パーキンソン病

こんなに沢山あるんです!!!(・△・;)
一筋縄ではいかない病気です、ハイ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【泌尿器の最新記事】
posted by いしたん at 22:24 | Comment(0) | 泌尿器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

精巣腫瘍

精巣腫瘍は男性悪性腫瘍の1%、
尿路性器悪性腫瘍の4%とされ、
日本では0.7-1.8人/10万人/年の発症率の
比較的稀な疾患です。

稀ーーーーーにお目にかかる病期ですが、
その後の分類は結構いろいろあります。
精巣腫瘍の種類については整理しておきましょう。

 胚細胞腫
  精細管内胚細胞腫瘍
  単一組織型
   セミノーマ
   精母細胞性セミノーマ
   胎児性癌
   卵黄嚢腫瘍
   絨毛性腫瘍
    絨毛癌
    placental site trophoblastic tumor
   奇形腫
    成熟
    未熟
    悪性化
   多胎芽腫
  複合組織
   奇形癌
   その他組み合わせ
 非胚細胞性腫瘍
  精索・間質腫瘍
   ライディッヒ腫瘍
   セルトリ細胞腫
 転移性腫瘍
  悪性リンパ腫
  白血病浸潤

それぞれの特徴を押さえて
CT、MRI、エコーなどで鑑別していきます。
お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 13:04 | Comment(0) | 泌尿器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

性感染症

性感染症の種類はいろいろあります。
まずは病名と病原体を知ることからです。

細菌
 Treponema pallidum:梅毒
 Neisseria gonorrhoeae:淋菌感染症
 Haemophilus ducreyi:軟性下疳
 Calymmatobacterium granulomatis:鼠径肉芽腫
 Gardnerella vaginalis:膣炎
 Group B streptococcus:膣炎
 Shigella:腸炎
 Salmonella:腸炎
 Campylobactor:腸炎
マイコプラズマ
 Mycoplasma genitalium:尿道炎、子宮頸管炎
 Mycoplasma hominis:膣炎、骨盤内感染症
クラミジア
 Chlamydia trachomatis(L1-3):性病性リンパ肉芽腫
 Chlamydia trachomatis(B、D-K):尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内感染症など
ウイルス
 herpes simplex virus:性器ヘルペス
 human papilloma virus:尖形コンジローム
 mollusucum contagiosa virus:陰部伝染性軟属腫
 human immunodeficiency virus:エイズ
 hepatitis A, B, C virus:肝炎
 human T-lymphatrophic virus:成人T細胞性白血病
 cytomegalovirus:サイトメガロウイルス感染症
 Epstein-Barr virus:伝染性単核球症
原虫
 Trichomonas vaginalis:膣炎
 Entamoeba histolytica:アメーバ赤痢
真菌
 Giardia lambia:ランブル鞭毛虫症
 Candida albicans:膣炎、亀頭包皮炎
寄生虫
 Phthirus pubis:毛虱(ケジラミ)
 Sarcoptes scabiei:疥癬

風の一画目がない漢字をシラミと読みます。
なかなか読めないですよね。笑
いしたんも初めて見たときは
全く読めませんでした。

性感染症を疑ったら性病 確認項目
確認することから始めましょう。
2つ以上が合併することも普通にありますので、
一つの疾患を診断したからといって
安心してはいけません。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:14 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

頭 フリーズする

頭がフリーズするんです。

研修医くんが言いました。

あれもしなきゃ、これも読まなきゃ、
この仕事もまだだった、あれも調べるんだった、
って感じでかなりテンパります。

研修医あるあるだと思います。

まずば完璧主義はやめましょう。
研修中なのですから失敗や
できないことがあるのは当然です。

その上で1番大切なことを整理しましょう。

おそらく病棟で任された仕事が最初でしょう。
そして他のことは効率的に行う方法を
考えることが重要です。

知識や技術の勉強ならば
レジデントマニュアルなど
さっと確認できる本やサイトを持ちましょう。

誰でもフリーズする時期はあります。
落ち着いて出口を見つけましょう!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:22 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

BUN/Cr比

BUN/Cr比は研修医くんでも
きちんと知っておきたい検査値です。

Crは腎機能の評価で最も使用されるものです。
筋肉量が減ってくると参考になりづらいため
eGFRやCCrなんかで補正すると
さらにモニターしやすくなります。

一方でBUNは以下の様な原因でも上昇します。

   腎機能障害
   脱水
   高蛋白食
   発熱
   外傷
   輸血
   消化管出血
   ステロイド療法

このためBUNだけでは腎機能の評価は難しいです。
一方上記のような腎機能障害とは
別の原因でも上昇することを逆手にとって、
BUN/Cre比を使うと他の原因を疑えます。

BUN/Cr比が、、、

   10以上
    蛋白摂取過剰
    消化管出血
    蛋白異化亢進(発熱、熱傷、ステロイド)
    尿路の不完全閉塞
    脱水
    心不全
    飢餓

   10が正常(基準値)

   10未満
    激しい嘔吐、下痢
    極度の低タンパク食
    腎不全を伴う肝不全
    透析後

です。
特に消化管出血ではよく用いられると思います。
参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 09:38 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち