お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年06月20日

尿細胞診

尿細胞診は血尿などで
尿路の悪性腫瘍を疑うときに行う検査です。

検査を出したはいいものの
結果が良くわからないではいけません。
研修医くんでもです、ハイ。

というわけで復習しておきましょう。

具体的な方法としては、
Papanicolaou染色後に以下を評価します。

 細胞質と核の比率
 核小体

結果をPapanicolaouの分類にのっとって
病理の先生が記載してくれます。

  Class I
   異型細胞なし
  Class II
   異型細胞の所見があるが、悪性の根拠なし
  Class III
   悪性の疑いがある細胞診所見だが、悪性と判定できない
  Class IV
   悪性の疑いが濃厚な細胞診所見
  Class V 
   悪性と断定しうる細胞診所見

クラス1、クラス2は陰性、
クラス3は疑陽性、
クラス4、クラス5は陽性です。

クラス5が出たら泌尿器科に相談です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【泌尿器の最新記事】
posted by いしたん at 15:15 | Comment(0) | 泌尿器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

健康診断

健康診断の結果が返ってきました。

なんと・・・

LDL-Cがあがってる!!

いしたんも中年ですからね。。。
ストレスもあっておやつ食べすぎました。。。
運動不足も明らかにあります。。。

医者は体が資本。
メンテナンスをしなければ!
自分を叩き直すべく、
今日から病院では階段移動にしました。

階段を登っていると上から部長がおりてきて、
「いしたん先生偉いなー。
 医者の不養生はいかん。
 他のドクターにもいしたん先生を
 見習う様に言わなあかんな」
と踊り場でめちゃめちゃ褒められました。。。

まだ開始初日なのでとても恥ずかしかったです。笑

皆さんも健康には十分ご注意くださいませ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:45 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頻尿

頻尿は高齢者の診療では
結構訴えの多い症状です。

鑑別は病態から以下の様に整理すると
わかりやすいかと思います。

膀胱容量低下
 結核性萎縮膀胱
 間質性膀胱炎

膀胱神経刺激
 炎症性
  膀胱炎
  前立腺炎
 非炎症性
  利尿筋刺激
   前立腺肥大症
   下部尿管結石
   膀胱上皮内癌
  利尿筋収縮抑制
   脳出血
   脳梗塞
   多発性硬化症
   脊髄損傷
   その他神経疾患

残尿が多いため(排尿困難の疾患)
 前立腺肥大症
 神経陰性膀胱
 尿道狭窄
 前立腺癌
 その他排尿障害をきたす疾患

多尿をきたす疾患
 尿崩症など

薬剤性

原因検索をしっかりとやりたいものです。
お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:頻尿 鑑別 原因
posted by いしたん at 06:31 | Comment(0) | 泌尿器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

病棟 飲み会

病棟の飲み会もコロナ渦でずっと延期です。

医者に看護師さんに看護助手さんにと
沢山の人が集まるので開催は難しいですね。

というわけで新人さんの顔と名前が
未だに一致しないのは
いしたんだけではないようです。笑

さて。。。

ある看護師さんのことが
どうやら気になっているっぽい
研修医くんがいました。

しかし今の時代的に飲みに誘うわけにもいかず、
一緒に遊びに行くこともできず、
なかなか話しかけるきっかけすら
つかめていないようです。

「先生、病棟の飲み会って
 若干めんどくさい時もあったんですが、
 こんな時代になってみると
 あの飲み会の重要性を痛切に感じます。
 病棟飲み会してください!!」

できるかー!笑
なくしてわかるありがたみです。笑

言われてみてわかりましたが、
この時代の恋愛、婚活は
とっても大変そうです。
少子化大丈夫かな。。。

コロナ渦の第二波がなく
早くおさまって欲しいです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:37 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

大動脈解離

大動脈解離の同定リスクスコア
というものがあります。
Circulation . 2011 May 24;123(20):2213-8.

適応
 胸痛・背部痛・腹痛、失神、臓器血流障害(脳・腸間膜・心臓・四肢)

High risk状態
 マルファン症候群
 大動脈疾患家族歴
 大動脈弁既往歴
 最近の大動脈手術
 大動脈瘤の既往

High risk疼痛
 急性発症の痛み
 激しい痛み
 裂けるような痛み

High risk身体所見
 血圧左右差
 神経局在所見+痛み
 新規AR雑音+痛み
 ショック

>>>
リスク1つならECG、CXR、CTを
リスク2つ以上なら早期コンサルト、CTを

見逃すと死亡してしまう疾患なので
きちんとスコアリングできるようになりたいですね。

診断のゲシュタルトとデギュスタシオン 2も参考にどうぞ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:23 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち