お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2020年11月12日

新型コロナ 第三波

新型コロナの第三波がやってきましたね。
大阪は感染者数が過去最大になりました。

うちの病院でもかかりつけの患者さんが
発熱でやってきてPCRが陽性だったケースが
続々と増えてきています。

近くの大学でも陽性者が多く報告されました。
原因は大人数での飲み会だったみたいです。

冬になって悪化したのか、
Go Toキャンペーンで撒き散らされたのか、
気が緩んで大規模イベントや飲み会などで広がったか、
原因ははっきりとはわかりませんが、
とにかくやばいなーという感じです。

「もっと自粛をちゃんと頑張れよ。。。
 もう医者をやめたくなるわー。」

と、長期間COVID-19の診療班に入っている
呼吸器内科の友達が呟くのも納得ですし、
医療崩壊の可能性を感じるので
ちょっと怖さを感じました。

皆様、是非感染予防を徹底してください!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:30 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

渡航者ワクチン

渡航者ワクチンについて教えてください。

ある大学生の患者さんから質問をいただきました。

「新型コロナで大変なのに海外に行くの?」

先生、全日本ユースに選ばれたので、
アメリカとか中国とか海外遠征がありえるから、
ワクチンを打てるのかと
事務局から問い合わせがあったんですよ。

「全日本!!そりゃすごい!!!
 日本のスポーツを盛り上げてください!
 くれぐれも無事に帰ってきてください」

結局うちの病院では
トラベラーズワクチンはやっておらず
アクセスがいいとのことだったので
大阪の伊丹空港にあるクリニックを紹介しました。



海外渡航者のためのワクチンガイドライン/ガイダンス2019

少子化・人口減少の中で
これから海外へのビジネスをする
日本人は増えてくると思います。

渡航者ワクチンは是非勉強しておきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:34 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

疫病2020

疫病2020は是非読むべしです!



疫病2020 [ 門田 隆将 ]

門田隆将さんが懸命に書かれた本で、
2020年上半期に発売され
発行部数8万部以上と有名な?本だと思います。

しかし医者界隈に限っていえば
意外と疫病2020を知らないドクターも
結構多い印象です。

新型コロナウイルスのことについて
中国が行ったことなどを知るため、
研修医くんも一度読んでみてください。
時間がなくてもすごく面白い本なので
きっと一気に読めると思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:42 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

石灰沈着性腱炎

石灰沈着性腱炎は急性発症の
肩の痛みの重要な原因の一つです。

運動痛があり夜間痛など
強い肩の痛みを呈するため
救急でやってきたりしますので
内科でも知っておきたい疾患です。

病態としては肩腱板内に
リン酸カルシウムが沈着しておこる
結晶誘発性関節周囲炎です。
つまり痛風とか偽痛風と同じような病気です。

身体所見で強い圧痛があり
X線で腱板に石灰化があれば
疑いたいものです。

1-2週間で自然消失するので、
その間を鎮痛薬でしのぎます。

「心筋梗塞っぽくないですよ。」

という説明に加えて、

「石灰沈着性腱炎と思います。」

という一言が付け加えられたら、
きっと患者さんも安心すると思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:33 | Comment(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

ムコ多糖症

ムコ多糖症は軟骨や骨マトリックスの
重要な構成成分のムコ多糖の
分解酵素のいずれかの欠損により
尿中にムコ多糖の排泄増加を特徴とする遺伝性疾患です。

原因となる欠損した酵素により7型に分類されます。

I型
 H(Pfaudler-Hurler)
 S(Scheie)
II型
 A(Hunter重症型)
 B(Hunter軽症型)
III型(Sanfilippo症候群)
 A
 B
 C
 D
IV型
 A(Marquio症候群)
 B
V型
VI型(Maroteaux-Lamy症候群)
VII型(Sly症候群)

まずは分類を知っておきましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 06:01 | Comment(0) | 小児科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち