お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2022年10月02日

疱疹状膿痂疹

疱疹状膿痂疹は乾癬の先行ない方で
妊娠を契機として以下をきたす疾患です。
汎発性膿疱性乾癬の一亜型とされています。 

具体的な症状としては、皮疹に加え、
発熱(高熱)、下痢、脱水、痙攣も見られます。

皮疹は紅斑局面、汎発性膿疱で
大腿内側、鼠蹊部から発症し体幹へ広がります。
粘膜にびらんを生じることもあります。

発症時期は妊娠早期発症もありますが、
多くは妊娠後期の3ヶ月で発症します。

ステロイドの全身投与や
補液などの全身管理で治療をします。

予後は出産 or 妊娠中絶で
軽快することが多いのですが
多くは再発を繰り返します。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 産婦人科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち