お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2023年01月31日

口腔粘液嚢腫

口腔粘液嚢腫(mucous cyst of the oral mucosa)とは
自覚症状は伴わない
半球状に隆起した半透明嚢腫状結節をきたす疾患です。

部位は下唇、頬粘膜、口蓋、舌、口腔底と
様々なところにできます。
特に口腔底にできたものをガマ腫と言います。

病態としては外傷、閉塞などの原因によって、
小唾液腺排出導管が損傷し、
粘液が周囲組織へ漏出し、
肉芽組織形成と炎症性反応が生じます。

青年期に発症することが多く、
男女差はありません。

嚢腫を潰すとゼリー状の内容物が
排出されるのが特徴です。

病理所見は大きく2種類の組織型があります。
マクロファージ、線維芽細胞、血管を含む
結合組織で囲まれた偽嚢腫と、
ムチンを含む間隙を伴う
肉芽組織 or 線維化組織からなるものです。

治療は全摘、凍結療法、
アルゴンレーザーなどです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち