お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2023年02月04日

ワーファリン ヘパリン置換

ワーファリンをヘパリン置換すべきかは
非常に重要な判断です。

VTE患者におけるワルファリン中止及びヘパリン置換の指針
Michigan Anticoagulation Quality Improvement Initiative(MAQI2). 2014 - 2021.
http://www.maqi2.org

 出血リスク:以下のうち1項目以上満たせば「あり」と判断
  3ヶ月以内の大出血または頭蓋内出血
  血小板異常
  INR延長
  過去のヘパリン置換時出血歴または同様の手技での出血歴

 血栓合併
  低リスク
   1年以上前のVTEの発症
  中間リスク
   3–12ヶ月以内のVTEの発症
   血栓性素因
    プロトロンビン異常症
    FV Leidenヘテロ変異
   再発性VTE
   活動性癌(6ヶ月以内)
  高リスク
   3カ月以内のVTEの発症
   重篤な血栓性素因
    プロテインCまたはS欠乏症
    アンチトロンビン欠損症
    抗リン脂質抗体症候群など

 >>>

 出血リスクなし
  手技の出血リスク軽度/低
   血栓合併リスクに関わらずワルファリン継続
  手技の出血リスク中間/高/不明
   血栓合併低/中リスク→ワルファリン中止、ヘパリン置換なし
   血栓合併高リスク→ワルファリン中止、ヘパリン置換
 出血リスクあり
  手技の出血リスク軽度/低/手技の出血リスク中間/高/不明
   血栓合併低/中リスク→ワルファリン中止、ヘパリン置換なし
   血栓合併高リスク→ワルファリン中止、ヘパリン置換

手術や手技ごとに検討してください。
参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち