お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2024年06月14日

外来 患者 多い

外来の患者さんが多いことは
多くの方に信頼をしてもらっているということで
とても嬉しいことではあります。

しかし患者さんが多すぎるため
病院の会計の終了時刻をオーバーすることが
数回あったために先日注意を受けてしまいました。汗

ということで最近の外来は患者さんに謝りつつ
紹介状の嵐という感じになりました。

大変お世話になりましたとか
長いこと診てくださってありがとうございましたとか
色々なコメントを患者さんからいただきましたが、
印象的なコメントとしては

「開業医の先生は診れば診るほど儲かるのでしょうが、
 勤務医の先生は患者数が増えても
 お給料が増えるわけじゃないんですよね?
 勤務医の先生にとって患者数が多いのはメリットがないですよね。
 外来患者数が歩合制だったらまだ診てもらえるのでしょうか?」

というお言葉をいただきました。

決してサラリーが増えないから
診ないということではないこと、
安定していたらクリニックで診ることが
日本の医療制度の基本であることを
改めて説明して紹介としました。

ただ、外来が歩合制というのは面白いアイデアだなーと思いました。
インセンティブがつくとなれば勤務医もやる気になるし、
無駄な検査数も減るかもしれないなーと思いました。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
ラベル:外来 患者 多い
posted by いしたん at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月08日

一般内科

一般内科のお手伝いに先日行きました。

その病院は循環器内科と糖尿病内科だけが独立していて
その他は一般内科という総合科です。
外来をしてみると沢山の病名が降りかかってきて
本当に医師としての実力が試される外来でした。

例えば、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症、肥満といった
一般的な生活習慣病は当然ですが、
熱が出たということで初診の咽頭炎や副鼻腔炎などの感染症、
下血や嘔吐などの消化器疾患、
関節リウマチ、全身性強皮症、IgA血管炎などの膠原病疾患、
パーキンソン症候群などの神経疾患、
CKD、腎性貧血、多発性嚢胞腎などの腎疾患、
原発性アルドステロン症などの内分泌疾患、
花粉症、気管支喘息などのアレルギー疾患、
麻疹の抗体検査、ワクチンの適応判断、
などなど多岐にわたりました。

まさに総合内科という感じでした。

薬剤についても、この数回で
エンレスト、セマグルチド、
トルバプタン、バダデュスタットなどなど
どんどん新しい治療法を入れました。

ある程度経験を積んだ医師にとっては
総合力の実践の場としてとてもいいなと思いました。
ただ最新のガイドラインに沿った治療を行うことはできても
専門医を持っている領域のように
ガイドラインでは対応できないような症例は
なかなか難しいなとも思いました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月27日

脳外科医 竹田くん

脳外科医竹田くんという漫画について
最近別々の患者さんからお話を聞きました。

すごく有名なマンガですが、
そのモデルになったドクターが現在
いしたんの勤務地の近くにある病院で
勤務しているそうです。

で、いしたんが診させていただいている
非常に落ち着いている患者さんを
地域へお返ししようとした時に
絶対にその病院には行きたくない!!
というご意見でした。

確かにそういう意見はわかります。。。
治療を受けに行ったのに
大変な障害を負わされたらたまりません。

落ち着いているため病院ではなく
クリニックに行っていただきますから
その病院は関係ありませんよ!

「でもこの病院でのフォローが切れたら
 急変時にこの病院では診てもらえませんよね?
 そうなったらあの病院に運ばれるかもしれませんよね?」

まさかということで地域への紹介が
そんな形で難しくなるとは。。。

いしたんは真実を知りません。

本当にその医師がマズい可能性もありますし、
経営者側のコメントが正しく
雑誌の切り取りがひどい可能性もあります。

どちらにしても困ったことになりました。汗

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち